孫正義氏、来月ソフトバンク上場で2兆6000億円調達…未来の技術獲得へ(2)

孫正義氏、来月ソフトバンク上場で2兆6000億円調達…未来の技術獲得へ(2)

2018年11月14日12時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  孫会長は先月、第2、第3のビジョンファンドについて新しい構想を公開した。孫会長はブルームバーグビジネスウィークのインタビューで「1000億ドル規模の新しいファンドを2、3年ごとに一つずつ設立し、ここから年間約500億ドルずつを投資する」と明らかにした。

  米ベンチャーキャピタル協会によると、「スタートアップ天国」米国のベンチャーキャピタル投資総額は年間753億ドル。孫会長が主導するベンチャー・技術投資額が米国全体の投資額を上回るということだ。

  米UCバークレーで経済学・コンピューター工学を勉強した孫会長は1981年にソフトバンクを創業した。パソコン用ソフトウェア流通業からスタートし、貿易雑誌の発行、広帯域インターネットサービス、貿易展示会の運営など数多くの事業をしてきた。

  ヤフーやアリババなど技術企業に投資して日本ベンチャー企業の先駆者として注目を集めた後、情報技術(IT)バブルを乗って攻撃的なM&A(企業の合併・買収))を敢行し、「アジアのビル・ゲイツ」と呼ばれたりもした。

  2006年にボーダフォンジャパンを買収して無線通信事業に参入した。2012年に米スプリントを買収し、3年間にわたり日本国内のiPhone独占販売権を確保するなど通信事業に全力を尽くしてきたが、今は技術投資の強化に方向転換した。孫会長は8月の実績発表当時、「ソフトバンクは情報革命会社だ」と強調した。

  孫会長は独特の事業センスと推進力で有名だ。孫会長の座右の銘は「志高く」。在日という限界を克服し、日本最高の富豪になるまで果敢な投資と新たな挑戦を続けた。

  孫会長はツイッターのフォロワーが240万人にのぼる経営「グル」でもある。フォロワーとの交流も楽しんでいる。2013年に日本ネットユーザーが孫会長に「髪の毛の後退度がハゲしい」と指摘すると、孫会長は「髪の毛が後退しているのではない。 私が前進している」とコメントした。このコメントは4万5000回以上もリツイートされて話題になった。

孫正義氏、来月ソフトバンク上場で2兆6000億円調達…未来の技術獲得へ(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事