<プレミア12>韓国メディア「韓日戦は『怪物投手』大谷に封じられる…打者は打つ手なし」

<プレミア12>韓国メディア「韓日戦は『怪物投手』大谷に封じられる…打者は打つ手なし」

2015年11月09日10時32分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国野球代表チームは8日、北海道札幌で開かれた日本との「2015 WBSCプレミア12」の公式開幕戦で0-5の完封負けを喫した。これについて韓国メディアはその敗因に大谷翔平を挙げた。

  9日、韓国メディアの国民日報は「日本の『怪物投手』大谷翔平の壁は予想以上に高かった」とし「最高球速161キロの直球と140km後半台のフォークボールの前に韓国の打者はまったく打つ手がなかった」と報じた。

  毎日経済は「6イニングの間、大谷からはヒットとフォアボールをそれぞれ2つしか奪えなかった。逆に三振は10個も奪われるなど徹底的に封じられた」と伝えた。スポーツ朝鮮も「大谷は本物の『怪物』だった」とし「韓国の並み居る代表打者たちは大谷の前に無気力だった」と伝えた。

  スポーツ東亜も「大谷の直球は言葉どおり『無敵』だった」とし「李大浩(イ・デホ)や朴炳鎬(パク・ビョンホ)、金賢洙(キム・ヒョンス)などの中心打者が力の限りバットを振ったが、その大部分がファールになるほど球に力があふれていた」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事