韓国MERS確診者、クウェートから職員5人と飛行機で共に移動

韓国MERS確診者、クウェートから職員5人と飛行機で共に移動

2018年09月13日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中東呼吸器症候群(MERS)の確診を受けたAさん(61)がクウェートから仁川(インチョン)まで会社職員5人と一緒に入国したことが明らかになった。また、Aさんが利用したリムジンタクシーの特定に18時間ほどかかっていたことが分かった。

  12日、韓国疾病管理本部によると、Aさんが7日に入国する際、アラブ首長国連邦(UAE)航空所属のクウェート~ドバイ(EK860)、ドバイ~仁川(EK322)の両便に職員5人が同じ飛行機で移動した。クウェート~ドバイは約2時間半、ドバイ~仁川は約8時間かかる。

  役員の1人はこの両便のビジネス席でAさんと並んで座り、10時間以上にわたって接触した。このため「密接接触者」に分類されて自宅隔離されている。その他職員4人は両便ともエコノミー席を利用してAさんと密接に接触することはなかったため「間接接触者」(日常接触者)に分類された。自宅隔離ではなく、保健当局が毎日症状をチェックしている。このうち1人に疑い症状が見られたが、最終検査の結果、陰性と判定された。クウェートで一緒に搭乗したもう一人の職員は韓国に入国していない。保健当局はAさんの隣の座席に座っていた役員が21人の密接接触者のうちで接触時間が最も長かったとみて集中的に観察している。

  また、クウェート~ドバイ便でAさんと近接した座席に搭乗した外国人20人は、ドバイで別の便に乗り換え、韓国には入ってきていない。ドバイ~仁川のEK322便の外国人乗客360人余りは間接接触者に分類され、保険当局がすでに管理に入っている。このうち10人は所在を確認できなかった。11日30人余りに減った。

  ◆タクシー運行中止までに18時間も

  疾病管理本部は8日午後4時、AさんにMERS陽性判定が出ると直ちに面談に入った。空港からサムスンソウル病院に移動する時にUAE航空側から紹介されたカカオのリムジンタクシーを利用した事実を確認し、カカオ側に該当タクシーの特定を要請した。徹夜の確認作業を経て9日午前10時に運転手の身元の確認が取れ、その後運転手に運行中止を通知した。これまでに18時間ほどかかり、その間にタクシーが24組の客を乗せ、追跡作業を始めて4日目の12日には利用客27人を把握した。26人は健康状態を確認し、異常症状はまだ現れていないという。

  1人は確認中だ。

  運行中止と同時にタクシーの消毒を行った。疾病管理本部が管轄保健所に消毒を要請し、職員が防疫服を着て訪問したが運転手が激しく抵抗して消毒できなかったという。運転手は「町中でうわさになって営業ができなくなる」と反対した。説得に失敗し、運転手が「自分で消毒する」と主張し、薬品を渡したという。消毒は運転手がした。

  ◆病院での最初の診断名は下痢

  確診者のAさんが7日午後7時22分、サムスンソウル病院応急室に到着して診療を受けたときに下された最初の診断は下痢だった。腸炎が原因と推定された。だが時間が経つにつれて熱が出始め、38.3度(空港測定値36.3度)まで上昇した。MERSの主な症状の一つである高熱(37.5度以上)に該当した。病院側は胸のエックス線撮影後、肺炎疑い症状を確認し、この日午後9時34分に保健当局に申告した。

  疾病管理本部はAさんの感染経路を調査して現地住民を保護するためにクウェートに疫学調査官と民間感染病専門家を一人ずつ派遣することにした。クウェート当局が入国を許可した。

  12日現在、11人のMERS疑い患者が現れ、そのうち10人が陰性であることが明らかになった。1人は検査中だ。疾病管理本部はMERSの平均潜伏期(5日)が終わる13日を1回目の峠とみている。

  完全終息は最後のMERS患者からウイルスが消えた時点(隔離解除日)から最大潜伏期(14日)の2倍である4週間が経過しなければならない。現時点では、Aさん以外の感染者が追加で出てこない場合に限り、このような流れを視野に入れることができる。これは世界保健機関(WHO)で定められていることで、2015年に韓国でMERSが発生した時もこの基準に従った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事