韓国大統領府報道官「北の欺まんはない」…野党「誰の報道官か」

韓国大統領府報道官「北の欺まんはない」…野党「誰の報道官か」

2018年11月14日08時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米戦略国際問題研究所(CSIS)の報告書に対する青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官の発言が政治的な論争を呼んだ。金報道官はこの日午前の定例記者会見で、北朝鮮の未申告ミサイル基地13カ所を確認したというCSISの報告書について「新しい内容は一つもない」と述べた。

  金報道官は「CSIS報告書の出処は商業用衛星だが、韓米当局は軍事用衛星ではるかに詳細に把握している」とし「政府が国防白書で『北は短距離ミサイルを1000基以上確保している』と公開したが、この1000基には(CSISが公開した)サッカンモル基地も含まれている」と説明した。続いて「サッカンモルの施設は『スカッド』と『ノドン』など短距離用」とし「大陸間弾道ミサイル(ICBM)や中距離弾道ミサイル(IRBM)とは関係がない」と述べた。

  さらに米メディアが該当施設を公開しなかった北朝鮮の態度を「欺まん(deception)戦術」と表現したことについて「北はこうした基地を廃棄すると約束したことはなく、欺まんというのは適切な表現でない」と主張した。CSISの報告書は米国側の過敏反応というニュアンスだ。事案の性格上、CSISの報告書に対する反応は北朝鮮がすることであり、あえて青瓦台が乗り出す理由はなかった。

  実際、この日の記者会見では、金報道官に対し「青瓦台があえて(北朝鮮の代わりに)釈明することに批判が出ることも考えられる」という指摘があった。すると金報道官は「なぜ批判されるのか。欺まん・機密・未申告などは米朝対話が必要な時点で誤解を招き、対話を遮断し、交渉テーブルを阻害しかねないので話している」と反論した。中間選挙後に米国で強まりつつある対北朝鮮強硬論に対する青瓦台の警戒心が作用したという見方もある。

  しかし非核化イシューで核兵器と運搬手段(ミサイル)を別々に考えるのは難しいという点で、韓国に向けられている北朝鮮短距離ミサイルに対して青瓦台報道官が「他人事のように話した」という批判が出てきた。

  野党・自由韓国党の尹永碩(ユン・ヨンソク)報道官は「協定がないから約束違反でないという青瓦台報道官はいったいどこの報道官なのか問わざるを得ない」とし「北の非核化は核兵器・核物質・核施設の完全な廃棄とともにミサイルなど運搬手段の廃棄を包括するが、青瓦台がミサイル基地を擁護するということなのか、納得できない」と述べた。続いて「北は依然として核廃棄に着手もせず、裏では明らかに攻撃用の短距離ミサイル生産に余念がないが、最前方GP(哨所)をなくして飛行禁止区域を設定するだけで本当の平和がくるのか」と主張した。

  正しい未来党のキム・ジョンファ報道官も「(金報道官は)どこの報道官なのか。秘密ミサイル基地の発見は北の実質的な脅威が全く解消されていないことを見せている」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事