【統一教長男インタビュー(6)】韓国系米国人ドクター・ムンと彼の母国語…<4>

【統一教長男インタビュー(6)】韓国系米国人ドクター・ムンと彼の母国語…<4>

2010年09月15日17時54分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   統一教会は宗教であり企業だ。 それも平凡な企業ではなく、韓日海底トンネルなど大規模なプロジェクトを推進する国際的な大企業だ。 「文鮮明(ムン・ソンミョン)」という名前は米国で宗教人である以前に、成功したビジネスマンとしても意味を持つ。 文鮮明総裁は宗教活動を後押しするビジネスを考えていたところ、米国水産物事業に参入してマグロの流通を始め、大成功を収めた。

  現在、文顕進(ムン・ヒョンジン)会長が運営するトゥルーワールドグループ(TWG)は米国最大水産物流通会社の一つで、父親が築いた基盤の上で成長した企業だ。 1970年代末にはチタン・ペイント・空気小銃工場・高麗人参茶・機械類など多数の会社を所有し、巨大企業に成長した。 文顕進氏はインタビューの途中、「私の父は宗教人であり、立派なビジネスマン」と話したことがある。

  このため文総裁の子どもは経済的に満たされた生活を送ることができた。 宗教行事や事業に忙しい親のため、保母に育てられるしかなかったが、幼い頃から米国上流階級の趣味である乗馬やハンティングを習い、教育も最高のコースを進んだ。 文顕進氏を含めて、文総裁の子ども5人がハーバード大出身だ。 コロンビア大学で歴史を勉強した文顕進氏はハーバード大学でMBAを、統一神学校(UTS)で宗教教育学修士学位を取得した。

  シアトルで3日間単独取材…「月刊中央」朴美淑(パク・ミスク)記者

【ホットクリック】

・スティーブ・ジョブズ氏が日本の空港で屈辱…「二度と来ない」
・潘基文国連事務総長、再選を狙って背水の陣
・シン・ジョンファン「韓国への帰国意向なし」
・英国・ノルウェー「脱北者を連れていけ」
・「カリフォルニア州の420億ドル高速鉄道、韓国が受注を」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事