「北朝鮮秘密ミサイル基地」の米報告書に…韓国側「すでに把握している内容」

「北朝鮮秘密ミサイル基地」の米報告書に…韓国側「すでに把握している内容」

2018年11月13日16時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北朝鮮のサッカンモル弾道ミサイル基地の衛星写真。
  北朝鮮内に未申告と推定されるミサイル基地が少なくとも13カ所あることを確認したという米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の報告書に関連し、韓国の青瓦台(チョンワデ、大統領府)が13日、「すでに把握している内容」と明らかにした。

  青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日、春秋館で記者らに対し「CSISの報告書は商業用衛星から出たものであり、韓米情報当局は軍事用衛星を利用してはるかに詳細に把握している内容」と明らかにした。

  これに先立ちCSISの今回の報告書作成に参加したジョセフ・バミューデス研究員は、確認されたミサイル基地は山岳や渓谷などに散在しているとし、これら基地ではいかなるミサイルでも核弾頭を搭載できると診断した。報告書は、過去に短距離弾道ミサイルを発射した黄海北道黄州郡(ファンジュグン)サッカンモル一帯のミサイル基地が現在も運営されていると伝えた。

  これに関し金報道官は「すでに国防白書を通じて北が短距離ミサイルを1000基以上確保していると公開している」とし「その1000基にサッカンモル基地などが含まれる」と述べた。続いて「サッカンモル基地はスカッドやノドンなど短距離用ミサイルであり、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や中距離弾道ミサイル(IRBM)とは関係がない基地」と説明した。

  また、金報道官は米ニューヨークタイムズ(NYT)の報道内容に言及しながら「記事の内容のうち欺まん(great deception)という表現があるが、北はこのミサイル基地を廃棄すると約束したことはない。ミサイル基地を廃棄することが義務条項であるいかなる交渉・協定もしたことがない」と述べた。続いて「欺まんというのは適切な表現ではないようだ。むしろこうしたミサイル基地があるということ自体が、交渉を早期に実現させなければいけない必要性を見せている」と主張した。

  これに関連し韓国合同参謀本部は「わが軍と韓米の協調のもとで監視している地域」と明らかにした。ノ・ジェチョン合同参謀本部広報室長は龍山(ヨンサン)国防部庁舎で行ったこの日の定例記者会見でこのように述べた。ただ、「わが軍と米軍が北の(監視する)主要監視対象が何カ所だと確認するのは適切でない」とし、具体的な説明はしなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事