ISIS所長「北朝鮮ウラン濃縮施設、もう1カ所ある…カンソン発電所か」

ISIS所長「北朝鮮ウラン濃縮施設、もう1カ所ある…カンソン発電所か」

2018年06月07日08時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  12日のシンガポール米朝首脳会談の核心は「完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄」(CVID)の目標を確認し、このための方法論をどれほど具体化できるかだ。特に、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が核物質と核施設をどの程度透明にするのか、ミサイル・生物化学兵器など大量破壊兵器の規模をどの程度公開するかがカギとなっている。このため、今回の会談は完全公開を負担に思う金正恩とすべてを知りたいドナルド・トランプ米大統領の間で終盤まで激しい駆け引きが繰り広げられるものとみられる。

  これまで北朝鮮は寧辺(ヨンビョン)以外にウラン濃縮施設はないと主張してきた。だが、濃縮施設が少なくともあと1カ所あるというのが韓米情報当局の判断だ。

  米シンクタンク「科学国際安保研究所(ISIS)」の所長で核専門家のデービッド・オルブライト氏は、最近出した報告書で第2の秘密濃縮施設が「カンソン発電所」という名前で運営されていることが疑われると明らかにした。オルブライト氏は国際原子力機関(IAEA)で仕事の経験がある北核専門家だ。オルブライト氏は核施設の名前をローマ字で「Kangsong」と表記したが、これは「強盛大国」の強盛を意味する可能性がある。オルブライト氏はカンソン発電所に寧辺(ヨンビョン)にあるような形のP2遠心分離機が6000~1万2000個あるという「(関連国)政府の推算」を紹介した。あわせて、もし寧辺とカンソンの濃縮施設をすべて稼動させていると言った場合、北朝鮮が保有する核兵器は26~44個、兵器級ウランの量は600~1000キロになると推定した。

  IAEAなどによって現在まで公式に確認された北朝鮮の核施設は寧辺ウラン濃縮施設を含めてウラン洗練施設、核燃料加工施設など15カ所に達する。しかし、核活動が疑われる軍事施設は米国が把握しているだけで200カ所を越える。

  ある政府消息筋は「過去の交渉ではプルトニウムを中心にしていたため濃縮ウランを見逃し、不能化を非核化の核心過程と見なしていたが、結局北朝鮮は核開発を継続した」と話した。今回米国が「一括妥結」と「廃棄」を強調して交渉に臨んでいるのはこのような過去の失敗の教訓のためだ。

  核物質の搬出と施設閉鎖が完ぺきに行われたとしても「人」と「技術」は残る。北朝鮮の核分野の核心人材は200~300人で、関連産業に従事する技術者は8000~1万5000人にのぼる。

  6カ国協議首席代表を務めた千英宇(チョン・ヨンウ)韓半島未来フォーラム理事長は「金正恩委員長が非核化をどのように行うのかを明らかにし、また非核化の定義や方法・条件・期間などで合意しない限りは、北朝鮮の非核化意志を正確に読むことはできない」と指摘した。

  米国が要求するCVIDに核兵器以外の大量破壊兵器(WMD)がどの程度含まれるかもカギだ。一次的には核兵器の完全な廃棄が急がれるが、中・短距離ミサイルと生物化学兵器を使った脅威も大きいためだ。

  金正恩執権後6年間で、ミサイル射程距離性能は10倍に伸びた。昨年、新型ICBM級「火星14型」の試験発射を2回行った。特に、11月29日に「火星15型」の試験発射を行った後、核武力の完成を宣言した。

  北朝鮮の生物化学兵器能力は2017年2月に金正恩の異母兄弟である金正男(キム・ジョンナム)氏を猛毒性神経作用剤VXで暗殺したことで再び注目が集まった。化学武器は水泡性・神経性・窒息性・血液性・催涙性など有毒ガス17種2500~5000余トンを保有していると推定されている。

  米下院外交委員会アジア太平洋小委員長のテッド・ヨホ氏は最近、「現在の焦点は核兵器だが、WMDプログラム問題は必ず取り上げなければならず、今後の交渉過程で具体的に話し合われるものと考えている」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事