現代車、国産ライバル車は分析せず…その理由は?

現代車、国産ライバル車は分析せず…その理由は?

2019年01月11日11時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代自動車グループのナムヤン技術研究所の車両分析チームは昨年、グローバル競争のため分析人材を大幅に増やした。従来の自動車企業だけでなく、自動運転車を開発する情報通信技術(ICT)企業、電気自動車専門企業も増えたからだ。ところが国内の自動車企業に対する分析は数年間ほとんど見られない。研究所の関係者は「国内市場も事実上、海外グローバル企業との競争になっているため大きな意味がない」とし「国内自動車の商品性分析は営業本部やマーケティング側が担当している」と話した。

  韓国自動車市場が国産車が圧倒する「日本型」からグローバル自動車企業が競争する「欧州型」に進化している。

  主な自動車強国の輸入車シェア(2017年基準)を見ると、米国が49.2%で最も高く、イタリア(41.7%)、ドイツ(38.7%)、フランス(31.3%)などが後に続く。自動車強国の中では国産車と軽自動車が人気の日本(7.1%)が最も低い。10年前まで「日本型」市場だった韓国も欧州(30%以上)ほど輸入車の市場シェアが増えると予想される理由だ。

  韓国自動車市場は事実上「現代・起亜車vs輸入車」という形になっている。2010年に輸入車の韓国市場シェアは6.9%だったが、2017年に15.2%、昨年は16.7%に増加した。2015年のフォルクスワーゲングループの排ガス不正事件「ディーゼルゲート」で翌年にマイナスとなった1年を除けば、過去10年間に市場シェアは急激に増えた。昨年はBMW車の発火事態がなければ20%を突破したというのが業界の分析だ。

  韓国国内で昨年販売された乗用車(レジャー用車両含む)は計155万8905台。このうち現代車が54万3652台、起亜車が49万9607台を販売し、両社のシェアは計65%だった。3位は双龍自動車で10万9140台(7%)、4位はルノーサムスン自動車(9万369台、5.8%)だ。昨年、群山(クンサン)工場を閉鎖した韓国GMは8万5432台(5.48%)にとどまった。

  輸入車は昨年26万705台の販売で韓国市場でシェア16.7%となった。輸入車販売の半分を占めるメルセデスベンツとBMWがそれぞれ7万798台、5万524台を販売したが、この両社の市場シェアを合わせると7.8%となり、国内自動車3位の双龍車を上回る。

  同じドイツ系のアウディ・フォルクスワーゲン(2万7840台)、ポルシェ(4285台)を合わせると10万7975台となり、市場シェアは9.8%にのぼる。国内自動車市場で現代車グループの最大のライバルはドイツ系自動車ということだ。

  韓国自動車市場が「日本型」から「欧州型」に変化している理由は、国内市場が停滞しているうえ現代車グループを除いた国内自動車企業が崩壊しているからだ。今年、現代車グループのほかに国内生産の新車を発売する予定の自動車企業は双龍車(2車種)だけだ。輸入車は最新の未来技術を適用した新車を出しているが、現代車グループのほかには輸入車と競争できるところがほとんどない。

  韓国輸入自動車協会のユン・デソン副会長は「日本は国内450万台市場でトヨタの市場シェアが40%台という点から分かるように、自国の自動車企業の競争力と多様性が優れている」とし「150万台で停滞した韓国市場は現代車グループを除いた3社が復活しない限り輸入車に市場を奪われるしかない」と話した。

  韓国産業研究院のイ・ハング研究委員は「輸入車が1年間に出す新車は400モデル以上だが、現代車グループの新車10モデルほどでは対抗するのに限界がある」とし「エコカーや自動運転車など自動車技術のパラダイムが変わることになれば、輸入車の市場シェアが20%、30%を超えるのは時間の問題になるだろう」と予想した。

  匿名を求めた輸入車関係者は「現在、韓国の輸入車市場は高級車が中心だが、エコカーや自動運転車が大衆車になれば欧州のように輸入車のシェアが30%以上になる可能性が高い」と話した。また「ブランド別に1万台以上販売すれば独自のマーケティングが可能で、3万台を超えれば価格競争が可能になる。現在1万台以上を販売するブランドは5つだけだが、さらに増えれば輸入車の市場シェアは急速に上昇するだろう」とし「国産車が商品性を高めなければ対応は難しい」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事