【社説】伝染病会議をネット上で生中継するソウル市長

【社説】伝染病会議をネット上で生中継するソウル市長

2018年09月11日13時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  一昨日の夕方に開いたソウル市中東呼吸器症候群(MERS)対策会議はフェイスブックで生中継された。朴元淳(パク・ウォンスン)市長をはじめ、約20人のソウル市公務員が集まった席だった。ライブ映像を通じてソウル市所属の疫学調査官が収集したMERS患者A氏の行跡などの情報が世界に伝えられた。疾病管理本部が調べている、つまりその時までの事実の有無が明らかになっていない情報だった。政府側によると、保健福祉部は協議の過程を経ずに確認中である事項を公開したソウル市に抗議した。

  伝染病の拡散を防ぐ核心的措置は患者と接触した人を追跡して隔離する作業だ。2015年、MERS事態の時のように私生活の公開や個人生活の不便を懸念し、追跡調査に協力しない人が現れる可能性があるためだ。したがって、隔離の範囲に関する情報公開の時点と方法は全体の状況を総括する専門家が決めなければならない。主要国の保健当局が伝染病関連会議の内容をリアルタイムで公開しないのはそのような理由からだ。政府の対応は積極的になる必要があるが、市民の不安感をあおるのは望ましくない。

  朴市長は3年前のMERS拡散初期に深夜記者会見を行ってサムスン・ソウル病院の医師(35番患者)にMERS症状が現れたにも大規模の集い(再建築組合総会)に参加したと発表し、論議を起こした。1600人を隔離する騒動が広がったが、その医師は集いに行った時は症状が現れる前だったとして朴市長に謝罪を要求した。この医師による感染は発見されなかった。このため、検察の捜査まで受けた朴市長は2年前、医師協会行事に参加して一歩遅れて当時のことを謝罪した。保健福祉部関係者は「以前とは異なり、朴市長が政府との対立関係に置かれているわけでもないのになぜこのように行動するのか分からない」と話した。今からでも伝染病対策は疾病管理本部とソウル市が緊密に調整して慎重に対処してほしい。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事