<慰安婦TF発表>韓国与党「前政権が謝罪を」 韓国野党「韓日信頼の危機を招く」

<慰安婦TF発表>韓国与党「前政権が謝罪を」 韓国野党「韓日信頼の危機を招く」

2017年12月29日08時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  外交部のタスクフォース(TF、作業部会)が韓日間慰安婦合意に対する検証結果を公表してから1日が過ぎた28日、執権与党である共に民主党が再交渉を公論化した。一方、自由韓国党は「非公開を原則にする外交文書を全部暴いている」として政府・与党を猛非難した。慰安婦合意検証報告による影響が汝矣島(ヨイド)に飛び火した格好だ。28日、民主党では再交渉論が声を高めた。朴完柱(パク・ワンジュ)首席報道官は論評で「民主党は慰安婦被害者と国民が納得できる水準の新しい合意が必要だという点を強調している」と話した。チェ・ユンギョン院内報道官も「手続きと内容いずれにも重大な欠陥が確認されただけに誤りを正すことは避けられない」とした。禹元植(ウ・ウォンシク)院内代表は「怒りと衝撃を隠せない。朴槿恵(パク・クネ)政権と当時の責任者は謝罪しなければならない」と声を高めた。

  政界では青瓦台(チョンワデ、大統領府)や政府が直接再交渉を宣言する場合、外交的波紋が大きくなる可能性があるため、与党が代わりに再交渉論を取り上げるのではないかという見方が出ている。また、野党の政治報復主張によって勢いが落ちていた「積弊清算」に改めてドライブをかけようとするだろうという声も出ている。

  韓国党は「政治報復のために外交の秘密資料まで公開する」と強く糾弾した。金聖泰(キム・ソンテ)院内代表はこの日、党最高委員会議で「文在寅(ムン・ジェイン)政権は政治・政策・人事報復に躍起になって国家間信頼と国益に途方もない危機を招く可能性がある大型事故を起こしている」と話した。張済元(チャン・ジェウォン)首席報道官は「30年間非公開が原則である外交文書を文在寅政府が法と秩序を無視して公開した」として「自身だけが正義という傲慢と独善」と主張した。また「文在寅政権の外交問題に対する判断障害症状は重症」としながら「北核から国を守ることができる最低限の必要条件が韓日米安保協力だ。今回の発表は慰安婦問題の解決どころか、安保危機まで招く可能性がある悪手」と批判した。

  韓国党は政府の「二重基準」も指摘した。任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長のアラブ首長国連邦(UAE)行きをめぐって現政権が国益を理由に口を閉じている状況に対して遠回しに批判したわけだ。シン・ボラ院内報道官は「康京和(カン・ギョンファ)外交部長官はUAE原発ゲート疑惑に『外交は非公開原則を徹底して遵守するため、内容を具体的に明らかにすることはできない』と対応した」として「ところで、韓日外交文書は非公開条項まで破って公開している」と批判した。

  こうした中で民主党内でも再交渉の全面化に対する慎重論も提起されている。民主党のある当局者は「外交問題なので条件なしに再交渉に声を高めるのは難しいのではないかという意見もある」と伝えた。実際、韓日議員連盟会長の姜昌一(カン・チャンイル)民主党議員はラジオインタビューで「再交渉や破棄に向かうことになれば、両国関係がさらに厳しくなりかねない」と話した。

  国民の党は両非難論を示した。国民の党のイ・ヨンホ政策委議長は党院内対策会議で「朴槿恵政府は言い訳のしようがない。ところで、現政権は何をどのようにするのか分からない」として「国民の絶対多数が望んでいるのは合意の無効化と廃棄」と主張した。正しい政党の劉承ミン(ユ・スンミン)代表は「慰安婦の裏面合意という名称が事実なのか、国会が検証しなければならない」と話した。

  与野党は慰安婦の裏面合意問題を扱うために所管常任委を開く方針を協議中だ。国会外交統一委員長である沈載権(シム・ジェグォン)民主党議員は「外交統一委員会3党幹事間協議を通じて来週初めに全体会議を開いて懸案質問を行う方針を推進している」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事