주요 기사 바로가기

鳥インフルエンザ、7種類の対処法

2008.05.12 12:44
0
鳥インフルエンザがソウルに拡散すると鳥を恐れる人が増えている。

ここ数日「鳥が怖い」という中学生や「鳥の糞を避けて歩く」という主婦「鳥が近づくと逃げる」という会社員に出会った。先週末には行きつけの食堂で茶碗蒸しを注文すると従業員が難色を示した。「お客さんが敏感に反応して卵を嫌がるので、しばらく卵料理は作らないことにした」というのだ。「世界保健機関(WHO)が十分に調理した家禽の肉、例えばゆで卵、参鶏湯(サムゲタン)、フライドチキン、北京ダックなどは安心して食べてもよいと保障した」と発表したが、反応はいまひとつだった。

鳥インフルエンザが広まっているときに自分と家族を守るために7種類の実践方法がある。

その1、ニワトリやカモなどの家禽肉、ニワトリの卵やウズラの卵などの卵類は、必ず火をしっかりと通して食べる。BSE(狂牛病)を起こすプリオンタンパクは熱に強いが、鳥インフルエンザウイルスは75度で5分間、加熱すれば消毒されるからだ。熱に弱いのはウイルスの「宿命」だ。鳥インフルエンザウイルスを確実になくすためには、家禽肉の内部まで十分に熱を加える。調理用温度計を使うことをお勧めしたい。たまごは黄身と白身が崩れない完熟が安全だ。

その2、市場などで生きた鳥類を買わない。今年、鳥インフルエンザが広まりを見せた震源地として鳥類を販売している在来市場を挙げる専門家が多い。1997年、香港で鳥インフルエンザ患者が発生したときも生きているニワトリの、市場での販売を禁止した。最近、ソウル広津区(クァンジング)で確認された鳥インフルエンザに感染したキジは城南(ソンナム)にある牡丹(モラン)市場で先月24日、取引されたものだ。農林水産食品部も市場に厳しく目を向けている。五日市(五日ごとに行われる市)などについては消毒と検査の強化措置を下した。

その3、できるだけ鳥を触らない。感染が疑われる鳥類と1メートル以内で接触した場合、自身のからだ状態を毎日よく確かめる。特にカモやニワトリの飼育場で働いたり、飼料の配給に従事している人、獣医師、鶏肉センターの関係者、生きているカモやニワトリの販売に従事している人、野生の鳥類をハンティングする人は、鳥インフルエンザへの感染確率が一般人より相対的に高い。鳥類と接触してから10日以内に、突然38度以上の発熱や喉の痛みなど呼吸器系の症状が現れた場合には、病院や保健所を訪問すべきだ。鳥インフルエンザにかかった場合、感染後、30時間以内にタミフル(インフルエンザ治療剤)を服用する。

その4、家で飼っている犬や猫などのペットも鳥インフルエンザに感染する可能性があるので注意する。ペットが道端で鳥の糞などをなめないようにする。幸い、国内で犬や猫が鳥インフルエンザに感染した事例はない。しかし、タイのバンコクにある動物健康研究所によると犬が鳥インフルエンザに感染した事例がある。まだ犬や猫の鳥インフルエンザが人に感染した事例はない。

その5、手をきれいに洗うなど日頃から清潔を徹底して心がける。防疫当局は鳥インフルエンザと「親戚関係」にある季節性のインフルエンザが流行したときも同じく喚起した。食事や外出後の手洗いは風邪やインフルエンザなど呼吸器の感染を予防する最も簡単で効果的な方法だ。

その6、交差汚染に注意する。鶏肉や鴨肉などと、野菜や果物などを同じ厨房用品(まないた、包丁など)で調理しない。

その7、鳥の糞をできるだけ踏まない。鳥インフルエンザは呼吸器疾患や咳、鼻水などより、糞を媒介に感染するケースが多い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP