주요 기사 바로가기

ハイニックス、4820億ウォンの営業損失

2008.04.27 09:57
0
ハイニックス半導体が2期連続で大幅な赤字を出した。

ハイニックスは1-3月期、海外法人を含めて売上高1兆6040億ウォン(約1700億円)、営業損失4820億ウォンを記録したと25日、明らかにした。売上高は前期比13%減、前年同期比35%減。

DRAM(512メガビットDDR2)が1ドル以下であるうえ、8ドルを超えていた8ギガビットのNAND型フラッシュも今年に入って3ドル以下に落ちるなど、価格の暴落が続いたからだ。

この影響で17期連続で黒字が続いていたハイニックスも、前年10-12月期には赤字(3180億ウォン)に転じた。これを受け、今年施設投資規模を当初の予定より1兆ウォンほど減らした2兆6000億ウォンに調整した。

ハイニックスはコスト競争力強化のため今年下半期から54ナノ工程のDRAMを量産する。NAND型フラッシュについても、4-6月期中に48ナノ・16ギガビット新製品を出す予定だ。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP