주요 기사 바로가기

高所得者、国民年金を無視して滞納

2008.04.24 15:41
0
億ウォン台の年俸を稼ぐプロバスケット選手Aは国民年金保険料を25カ月間支払っていない。

滞納額は900万ウォン(約90万円)を超える。

国民年金管理公団の職員はAとAの両親に何度も電話をかけ、ソウル江南(カンナム)の自宅を訪問してまで説得した。

 
しかしAは「自分の老後の準備は自分がする。どうして干渉するのか」と、納付を拒否し続けた。

公団職員は「年金は所得のあるすべての国民が義務的に加入しなければならいが、ファンクラブもある有名選手が無責任な姿を見せている」と話した。

年金保険料を支払っていない有名人はAだけではない。映画俳優Bも滞納額が1000万ウォンにのぼる。公団の再三の説得にもかかわらず、さまざまな理由をつけて納付を避けてきたため、‘意図的な納付回避者’という烙印を押された。

先月、女性トップ歌手Cも世論の非難を受け、滞納額700万ウォンを支払った。芸能人、プロスポーツ選手、専門職種従事者のような高所得者が年金保険料を納付しないでいる。

月給から保険料を自動的に引き落とされる会社員と違い、高所得者は国税庁に前年度に申告した所得に基づいて毎月納付する年金額が決まる。

国民年金公団は3月の1カ月間、100万ウォンを超える額を1年以上滞納している1766人に納付を促した。その結果、174人(9.9%)が支払った。125人(7.1%)は故意に面談を回避し、納付を拒否した。848人(48%)は支払うと約束したが、約束が守られるかどうかは不透明だ。

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP