주요 기사 바로가기

「オバマとヒラリーは李明博大統領を見習うべき」フォーブス発行人

2008.03.31 17:00
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)は30日、報道資料を出し、米フォーブス・メディアグループのカルガド発行人が最近フォーブスドットコム(forbes.com)に書いたコラムを紹介した。

カルガド氏はこのコラムで、「李明博(イ・ミョンバク)大統領、米国の低所得層のためにお願いしたい。(民主党党内選挙候補の)オバマとクリントンに電話をしてほしい」と訴えた。

カルガド氏は24日、英フィナンシャルタイムズ(FT)に掲載されたインタビュー記事の内容に言及し、李大統領を評価した。 李大統領はインタビューで「企業は経済の基礎。企業活動が活発になれば経済が回復する。ここで企業とは、大企業・中小企業、そして労働者と経営者をすべて含む」と話していた。

カルガド氏は「減税を通した成長を想像してほしい。11月の米大統領選ではこのように話す候補を選べばよい」とし「しかし残念ながらそれは不可能だ。彼は、現代(ヒョンデ)建設最高経営者(CEO)出身の韓国の李明博大統領だからだ」と書いた。

またカルガド氏は「オバマやクリントン、(共和党大統領選挙候補の)マケインはなぜ(李大統領が話した)‘企業活動が活発になってこそ経済が回復する’ということを理解できないのか」と皮肉った。

特に「李大統領のビジョンのうち感銘深い部分は中小企業の底力に対する信頼だった。これは韓国人の一般的な考えではないが、全的に正しい言葉」と主張した。

今年でフォーブス勤務16年目を迎えるカルガド氏は98年、会長のスティーブ・フォーブス氏の後任として発行人に就任した。  

この日、青瓦台記者室の‘春秋館’を訪問した李大統領はこの内容が話題になると、「韓国では政治的状況(総選挙)のため少し違うが、外国では申し訳ないほど評価が良い」と語った。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP