주요 기사 바로가기

四輪バイクの飲酒運転も処罰

2008.03.07 14:56
0
最高裁・第2部は6日、道路交通法違反(無免許・酒気帯び運転)の疑いで起訴されたクァク某容疑者(71、農業)に対し、罰金500万ウォン(約54万円)を言い渡した原審を確定した、と発表した。

クァク容疑者は06年4月、江原道平昌郡(カンウォンド・ピョンチャングン)ジャガイモ畑沿いの道で四輪バイク(ATV)を運転中に、対抗のバイクに衝突した。この事故で、対抗バイクの運転手が負傷。当時、泥酔状態のクァク容疑者は、無免許で運転していた。

クァク容疑者は「ATVの場合、免許が要らず、事故が起こった場所も畑沿いの『農路』であることから、道路交通法の適用対象ではない」と主張していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP