주요 기사 바로가기

「ヒラリー執権すれば北と直接対話」クリントン前大統領インタビュー

2008.01.21 10:00
0
「クリントン! プレジデンテ!」(クリントン大統領のスペイン語式発音)--。

19日午前11時。民主党の党員集会が開かれる直前のラスベガスの大型カジノセンター、ミラージュホテルコンベンションセンターにビル・クリントン前大統領が警護員を数人同伴して現れた。多くのヒスパニック系のホテル女性従業員らが歓声をあげてクリントン氏の手を握った。一部の人々は涙まで浮かべていた。

クリントン前大統領はこの日、ラスベガス市内の9カ所にある大型カジノに設けられた党員大会の会場をくまなく巡り、ヒラリー支持者を激励した。

それを見守っていたある支持者は「ネバダ州のヒスパニックたちは数多くの不法滞在者を合法移民者にしてくれたクリントン大統領を決して忘れられない」と話し「党員集会の当日までヒスパニックに自ら入り込んでいった彼の努力が、ヒラリー氏の勝利にとって大きな力になるはずだ」と語った。1時間近く党員大会の会場にとどまった彼に、ヒラリー氏の韓半島政策について急遽インタビューした。

--ヒラリー氏が当選した場合、北朝鮮問題をどのように扱うのか。

「ヒラリーは北核問題については、とりあえず6カ国協議を支持している。しかし当選した場合は北朝鮮との直接対話を通じて核問題の解決に全力を尽くすと思う。それはもちろん韓国など同盟国との確実な強調の下でのことだ。現政権(ブッシュ大統領)のような一国主義ではない。彼女は(ブッシュ大統領が嫌っている)南北間の交流も明確に支持している」

--南北間の交流を支持するとはどのような意味か。

「私も大統領だったときにそうだったが、ヒラリーは女性として南北の離散家族の心の痛みを切実に感じている。したがって南北間における離散家族の対面など和解に関する努力を支持し、それを援助するということだ」

--ヒラリー氏が大統領になった場合、金正日(キム・ジョンイル)国防委員長と会談するのか。

「(笑って)それは本人に尋ねる問題だ。しかし私を見てくれ。北朝鮮が核を凍結したからオルブライト国務長官を平壌(ピョンヤン)に送ったじゃないか。北朝鮮が核廃棄を確実に行えば良いことが起きるのではないかな」

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP