주요 기사 바로가기

ハイニックス・現代建設の売却 来年以降に

2008.01.09 15:25
0
産業銀行が株式を保有する大宇(デウ)証券・大宇造船海洋・ハイニックス半導体・現代(ヒョンデ)建設の売却が来年以降に始まる見通しだ。

大統領職業務引継ぎ委員会の郭承俊(クァク・スンジュン)企画調整分科委員は8日、「産業銀行が保有する民間企業株の売却は、産銀と大宇証券を総括する持ち株会社の発足後に開始される」と明らかにした。

持ち株会社は早ければ年内に設立されるが、これら企業の売却は来年以降に本格的に進められるということだ。

業務引継ぎ委の産銀民営化案によると、産銀は国際金融・企業金融を網羅する投資銀行(IB)部門と政策金融部門に分けて売却される。 政策金融部門は産銀資産の10%にもならないため、事実上、産銀のほとんどが民営化されることになる。

業務引継ぎ委は、産銀の投資銀行部門と子会社の大宇証券を統合した持ち株会社を年内に設立し、この持ち株会社の株式を段階的に売却する方法で産銀を民営化する計画だ。

NH投資証券のホ・デフン研究員は「政府の公企業民営化計画が加速する場合、産銀が保有する株式の売却作業も年内に行われると予想される」とし「しかし日程はむしろ遅れている」と語った。

産銀の株式売却作業が遅れる場合、これら企業の株式を保有する都市銀行も当分は待たざるを得ない状況になる。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP