주요 기사 바로가기

GS会長「三星特検は政治的な視線を集める行動」

2007.11.26 15:56
0



GSグループの許昌秀(ホ・チャンス)会長は「三星(サムスン)特検は政治的に視線を引く行動であり、企業の名誉を傷つける意図が込められている」と語った。

許会長は23日、済州(チェジュ)で開いた送年記者懇談会で、三星特検に対する見解を尋ねる質問に対し、こうした批判的な立場を明らかにした。

以下は許会長との一問一答。

--三星特検をどう考えるか。 財界では特検を非難する世論が少なくないが。

「三星の主張が事実であって、キム・ヨンチョル弁護士の話が事実でないことを願う。 (企業を相手にした)特検のようなものがあってはならないと考える。 経済と政治をいつも連結しようとすべきでない。 韓国経済を活発にすべきだが、(これとは逆に)企業の地位を傷つけている。 対外的にも恥だ」

--(三星不正資金疑惑を暴露した)キム・ヨンチョル弁護士をどう思うか。

「何のためにそんな話をするのか分からない。 正義のためだという感じはしない」

--キム弁護士の暴露以降、企業は能力だけでなく忠誠心を強調しているという声も聞かれる。

「(経営陣が企業を)クリーンに(経営)すればよいと考える」

--通貨危機後、韓国企業がリスク管理に集中し、安全中心の経営に偏っているという指摘があるが。

「(リスク管理が必ずしも)悪いとは思わない。 最初から攻撃的に出れば企業は倒れる」

--GSグループが目指している未来事業は。

「エネルギー分野だけでも無限の可能性がある。プラント・建設などは韓国で築いたノウハウがあり、未来に発展する可能性が大きい」

--合併・買収(M&A)への関心が大きいというが。

「現在、GS建設が米国やヨーロッパでM&Aの対象となる石油化学専門エンジニアリング会社を物色している。 私が自ら指示した。 グループが注力すべき部分が石油化学分野であるからだ。 資金調達のためGS建設やGSカルテックスが世界的格付け機関のムーディーズから評価を受けた。 海外で(M&A関連)資金を低コストで調達するための措置だ」

--大宇(デウ)造船海洋・現代オイルバンク・ハイマートにも関心を向けているというが。

「(まだ売りに出ていないため話し難いと述べたうえで)大宇造船海洋はGSホールディングが、現代オイルバンクはGSカルテックスが買収問題を検討する方法をとっている。 系列会社別にM&Aを推進し、買収資金を調達する負担は大きくないと考える。 ただ、価格条件が合ってこそ買収するという方針に変わりはない」

--来年の韓国経済をどう予想しているか。

「個人的には楽観的に考えている。 何よりも韓国人は勤勉だ。 韓国が発展しているもう一つの理由は、四季が明確であり、日本が隣にあるからだと考える」

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    GS会長「三星特検は政治的な視線を集める行動」

    2007.11.26 15:56
    뉴스 메뉴 보기
    TOP