주요 기사 바로가기

黄禹錫博士、タイ国立大で研究活動中

2007.11.22 07:43
0
黄禹錫(ファン・ウソク)博士は現在、水癌生命科学研究院長として在職し、これまで行ってきたヒトクローン胚ES細胞と動物クローンの研究をしている。この研究院は企業家であるパク・ピョンスがん財団理事長が昨年、京畿道竜仁(キョンギド・ヨンイン)に設立したものだ。

黄博士は昨年6月以後、研究費横領と論文操作事件などで法廷闘争もしている。

彼は今年に入って研究拠点をタイの某国立大学に移した。国内ではイメージが失墜した上、研究に必要な卵子を求めるのも困難だからだ。タイ研究拠点には彼がソウル大在職当時研究を助けた10人も同行、滞在しているという。

最近、あるメディアとのインタビューで「大部分、タイに滞在しながら研究をし、裁判所に出頭するときだけ韓国に来る」と話した。

彼が動物の卵子に人間の肌の細胞を注入し、クローン胚を作ってES細胞を抽出することにも成功したといううわさが流れるが、いずれも確認されてはいない。

黄博士の研究結果を信じる人々は、彼の研究結果が事実であることを知らせるため、まだ支持運動をしている。





最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP