주요 기사 바로가기

駐韓外国人が好きな食べ物は「ビビンパ」「プルコギ」「カルビ」

2007.10.22 15:19
0
韓国で暮らす外国人が最も好む韓食メニューは「ビビンパ」であることが分かった。 また国内滞在外国人10人のうち6人は「菜食中心の健康食」などを理由に韓国料理のグローバル化が可能だと考え、このためには「衛生」と「インテリア」の改善が必要だと答えた。

韓国イメージコミュニケーションは国内に滞在する外国人世論主導層207人を対象に‘韓食文化グローバル化’に関するアンケート調査を実施した結果、こうした結果が出たと22日、明らかにした。

外国系企業従事者や教授など各界各層が参加した今回の調査の結果、「韓国料理が好き」という外国人は78.7%にのぼり、その理由は「おいしい」(60.2%)という回答が最も多く、次いで「好奇心」(16.6%)、「栄養がある」(14.2%)などの順となった。

「韓国料理が嫌い」という回答の理由も「味」が最も多く、「におい」「インテリア」「非衛生」などが後に続いた。

外国人が好きな韓国料理は「ビビンパ」が17%で最も多く、次いで「プルコギ」(13.7%)、「カルビ」(11.5%)などの順となった。 「キムチ」という回答は5.6%だった。

「韓国料理の‘グローバル化’は可能」という回答は58.5%と半分を超え、グローバル化が可能な理由は「菜食中心の健康食」(36.7%)、「多様な味」(21.5%、「豊富なメニュー」(18.9%)の順だった。 グローバル化における最大の障害は「辛さ」(29.1%)と「独特のにおい」(20.9%)という回答が多かった。

しかし「韓国料理のグローバル化のために解決すべき点」という設問では、「衛生」と「韓国固有のインテリア」を選ぶ外国人が20.0%と最も多く、‘味’よりも「衛生」「インテリア」の改善が優先課題に浮上した。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP