주요 기사 바로가기

三星、なぜハイニックスに抜かれたか…李健熙氏「激怒」

2007.09.30 10:24
0
三星(サムスン)グループ・李健熙(イ・コンヒ、65)会長が最近、黄昌圭(ファン・チャンギュ)半導体総括社長に「なぜハイニックスにまで(DRAMの技術力などが)抜かれたのか」と激怒した模様だ。

三星グループの幹部は「水原(スウォン)で開かれた『2007・先進製品比較展示会』(7月29日)で、黄昌圭社長が、半導体DRAMの生産性がハイニックスに一時抜かれたことを告白すると、李会長はその場で10分以上も強くしっ責した」と伝えた。また「李会長は、三星の人材・技術力が世界最高なのに油断したためこんなことになったとし、失望感を露骨に示した」と説明。

続いて「李会長があれほど憤怒を示す姿は初めて見た」とし「しっ責が続く間に、社長らの間には沈黙だけが流れた」と語った。毎年開催する同行事では、93年に李会長が「新経営」を宣布して以来、三星のすべての製品と世界一の製品、そして競合メーカーの製品を展示、比較している。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP