주요 기사 바로가기

グーグル会長「韓国IT市場はアイデアの泉」

2007.05.31 16:10
0
グーグルのエリック・シュミット会長は30日、国内企業との協力事業を増やすと明らかにした。

シュミット会長はこの日、ソウル・シェラトンウォーカーヒルホテルで開かれているソウルデジタルフォーラム現場で記者らに対し、「韓国国内での事業はまだ始まったばかり。今後、韓国企業との提携幅を拡大していく」と明らかにした。

グーグルはすでにダウムコミュニケーション、三星(サムスン)電子、LG電子、SKテレコムなどと戦略的提携を結び、検索関連サービスやグーグルフォンを共同開発している。

シュミット会長は「韓国の情報技術(IT)技術者はレベルが高く、国民もコンピューター利用に慣れている。韓国はIT事業のアイデアがわき出るところ」とし「グーグルにとって韓国は非常に重要な市場」と語った。

またシュミット会長は「韓国は政府が率先して超高速インターネット網を敷設し、世界的なIT強国になった」とし「今後こうした地位を維持していくためには、インターネット応用プログラムを最もよく使う国にならなければならない」と指摘した。

一方、グーグルコリアはこの日、ハングル版サイトを披露した。 国内利用者が最もよく利用するGメール、チャット、デスクトップ検索、写真編集など7つのサービスを選びクリック1回で利用できるのが特徴。 シュミット会長は「グーグル本社の技術陣とグーグルコリアの共同研究開発(R&D)を通じて改編した」と説明した。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP