주요 기사 바로가기

<サッカー>在日同胞の李忠成、日本五輪代表に抜てき

2007.02.14 17:43
0



在日同胞3世のサッカー有望株、李忠成(イ・チュンソン、21、柏レイソル)がU-22(22歳以下)日本オリンピック(五輪)サッカー代表チームに選ばれた。

スポーツニッポン(電子版)は14日、反町五輪代表チーム監督が鹿児島でキャンプ中の柏に招集を打診した、と報じた。

東京で生まれた李忠成はスピードとシュート力が優れ、ストライカーとして05年、FC東京から柏に移籍した。昨季はひざの負傷で2カ月間欠場しながらも、31試合で8得点をマーク、2部に落ちた所属チームのJリーグ昇格に貢献した。

日本国籍を取得した李忠成は、04年にU-18韓国ユース代表チームに招集されたが、韓国代表として公式試合に出場したことはなく、日本代表メンバーとしてプレーする上で問題はないと、日本サッカー協会は説明している。

李忠成は28日から行われる08年北京五輪アジア2次予選から投入される見通しだ。

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>在日同胞の李忠成、日本五輪代表に抜てき

    2007.02.14 17:43
    뉴스 메뉴 보기
    TOP