주요 기사 바로가기

前立腺がん細胞だけを破壊する薬物伝達技術、国内で開発

2006.11.01 17:52
0
前立腺がん細胞だけを破壊する薬物伝達技術が開発された。

光州(クァンジュ)科学技術院生命科学科のチョン・サンヨン教授チームはハーバード医大と共同で、抗がん剤ががん細胞だけを破壊する技術を開発したと1日、発表した。

これを受け、がん細胞とともに正常な細胞も破壊してしまう従来の抗がん剤治療法の副作用を大きく減らし、薬効も高める見通しだ。

研究結果はドイツ学術誌「アゲバンテ・ケミ」電子版の最近号で発表された。

チョン教授は「今回開発した技術は前立腺がんだけでなく、乳がんや胃がんなどの治療にも応用できるだろう」と語った。 研究チームは近く動物実験に着手する計画だ。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP