주요 기사 바로가기

西海大橋29台追突…60人余り死傷

2006.10.04 12:23
0



3日午前7時50分ごろ、西海岸高速度で西海(ソヘ)大橋上り線には見通しを悪くする濃い霧が立ち込めていた。

一瞬のうちに起きた29台の玉突き事故は霧の中を疾走したスピートの出しすぎ車両によるものだった。死亡11人、負傷50人の大型惨死は霧、玉突き衝突に加え車両の火災など3つが重なり被害が大きくなった。

◆悽惨な事故現場=西海大橋上はまるで爆撃を受けたような悽惨な姿だった。追突事故により炎上した乗用車、高速バス、トラックなどは形さえ調べることができなかったほか、40トンの大型ダンプトラックさえ車体が崩れるなど、事故の残酷さを物語った。車が互いにぶつかりながら発生した火災で数十台の車両からは煙が噴き出していた。重傷を負い救助を待つ負傷者のうめき声があちこちから聞こえた。

西海岸高速度で上り線は駐車場をほうふつとさせる数キロ以上つながった車両が動くこともできず、運転者たちは数時間道路に閉じこめられ恐怖に震えていた。

◆事故瞬間再構成=韓国道路公社が確認した当時の事故地点の可視距離は60~80メートル。交通状況を把握するCCTVの画面が事故のシーンを正確に認識できないほど霧が濃く立ち込めていた。

このとき午前7時50分ごろ西海大橋上り線事故地点の三叉路を徐行していた1トントラックを25トン貨物トラックが突き飛ばした。このときそこを走ってきた自動車がこれを見て急ブレーキをかけたが、25トントラックを突き飛ばして止まった。

引き続き、後から来た貨物自動車、トラック、バスなど12台も急ブレーキを踏んだが、タイヤが滑り、相次いで追突した。またその後ろに来ていた車両8台、6台も玉突き衝突した。これにより12台が炎上、全焼した。

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    西海大橋29台追突…60人余り死傷

    2006.10.04 12:23
    뉴스 메뉴 보기
    TOP