주요 기사 바로가기

「鄭東泳は北の名犬・豊山犬、朴槿恵は人気第1位のマルチーズ」

2006.01.25 17:36
0
犬の年にちなみ、忠清南道天安市(チュンチョンナムド・チョナンシ)の白石(ベクソク)大広告広報学科シン・ドンウク教授は、25日「名犬にたとえる7竜」というタイトルの文で、与野党政治家7人のイメージを犬にたとえて解釈した。

シン教授によると、与党「開かれたウリ党」(ウリ党=「わが党」との意)の鄭東泳(チョン・ドンヨン)常任顧問は「統一部長官に在職する当時、北朝鮮関連事業を主導し『鄭東泳=北』というイメージを残した」とし、普段は温順だが、猛獣に会うと退かずに襲いかかる、という北朝鮮産の名犬「豊山犬(プンサンゲ)」にたとえた。

同党・金槿泰(キム・クンテ)常任顧問の場合「資質や能力は『信念のある潜竜』に分類されるが、大衆への認知度は非常に低い」とし「戦闘力に比べて有名税が足りない」ブルテリアに近い、と評価した。半面、野党ハンナラ党・朴槿恵(パク・クンヘ)代表については「どんな配役も完ぺきに消化するタレント」とし「小柄な犬だが、外柔内剛型で自立心が強く、柔順な外見とは異なり雰囲気に敏感で、やや荒い面もある大韓民国の不動の人気犬種・第1位」マルチーズにたとえた。

李明博(イ・ミョンバク)市長は「清渓川(チョンギェチョン)復元と交通システム改編などで『ブルドーザ』、『独りよがり』なイメージを見せた」とし、グレーハウンド、ロットワイラー、ジャーマンシェパードドッグなどの交配種でウルトラスーパー犬種「ドーベルマン」のイメージだとした。孫鶴圭(ソン・ハッキュ)京畿(キョンギ)道知事は「エリートコースの学者出身で現実的な進歩主義者の『クリーンな官僚型』のイメージとし、韓国原産のサプサルゲ(むく毛の犬)にたとえた。

また、高建(コ・ゴン)前総理は「紳士」と呼ばれ、善良で知的なイメージということから、老若男女から愛されるゴールデンレトリーバーに、李海チャン(イ・ヘチャン)国務総理は不細工な外見だが鋼鉄のような体力を誇るドイツの猛犬、ロットワイラーに、それぞれたとえられた。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP