주요 기사 바로가기

<黄禹錫教授の真実は…>盧聖一氏「幹細胞ないという事実わかった」

2005.12.15 21:52
0

ソウル大学黄禹錫(ファン・ウソック)教授が2005年米国の学術誌サイエンスに発表した患者に合わせた型のES細胞論文の共同著者である盧聖一(ノ・ソンイル)ミズメディ病院理事長が幹細胞の存在に対して疑問を提起した。

盧理事長は15日、ハンギョレ新聞との電話インタビューで「黄禹錫教授チームの2005年<サイエンス>の論文の『患者に合わせた型の体細胞クローンのES細胞』はなかった」と明らかにした。

黄教授はしかし「幹細胞の研究成果はあるが、保管の過程で破損したようだ」とし「現在確認されていない幹細胞株がいくつかあり、確認しているところ」と述べたと黄教授に精通した関係者が明らかにした。

盧理事長はまた、黄禹錫教授と文信容(ムン・シンヨン)ソウル大医学部教授、盧理事長、自分の3人の名義でサイエンス側に論文を撤回すると連絡していたことを明らかにした。

黄教授側は、ジェラルド・シャッテン米国ピッツバーグ大学教授が黄教授らの論文共著者らに論文撤回を勧告する数日前、すでにサイエンス側に論文撤回を申し出ていたことが確認された。

盧理事長はこの日「朝9時30分ごろ、黄教授が入院しているソウル大病院を訪ねた際に黄教授が『惨憺たる心境だ』と話していた」と述べた。また「黄教授が14日夜、安圭里(アン・ギュリ)ソウル大医学部教授にも同じ内容の話をしたと言っていた」と付け加えた。

政府関係者はこの日の夕方「安教授と電話で話をしたが『幹細胞があるのかないのかわからない』と言っていた」と明らかにした。また「幹細胞が(論文に発表されたとおり)11個ではないことはほとんど確実なようだ」と付け加えた。

MBCは「安圭里教授が『昨年、犬の飼育場から発生したカビでES細胞のかなり多くが破損し、復元を試みたが難しい状態だった』と話していた」と明らかにした。引き続き安教授は「幹細胞の存在を確信していたが、破損したり、変わっていたりしたものが多く、写真をふくらませて撮ったこともある」と話した。

これに関して、イ・ワンジェソウル大医学部研究副学長は、連合ニュースからの電話インタビューで「黄禹錫教授チームが培養に成功したと報告したES細胞はないことが確認された」と明らかにした。イ副学長は「黄教授チームからES細胞がないという事実をすでに確認した上、安圭里教授もこの事実を知っている」とし、今日を韓国科学界の国恥の日だと宣言してもいい」と付け加えた。イ副学長はソウル大で構成を推進中の幹細胞調査委員会の委員長に推薦されてきた人物だ。

しかし研究チームの李柄千(イビョンチョン)教授は現在、冷凍保管中の幹細胞を取り出して復元作業を進行していると明らかにした。しかし復元作業が終わるまでは通常2、3週程度かかるため、いまだ復元作業は終わっておらず、冷凍保管中の別の幹細胞も探していると述べた。ソウル大病院に入院中の黄教授は盧理事長が申し立てた疑惑について沈黙を守っている。

2004年論文に対する疑惑も提起された。英国の科学雑誌であるニューサイエンティストは米国の生命工学企業であるACT(Advanced Cell Technology)代表マイク・ウエスト博士の言葉を引用し、「黄教授の2004年、サイエンス発表論文のDNA指紋分析結果に現われた若干尖ったような突起部分(ピーク)が珍しく傾いている」と「こんな不規則性は人為的にイメージを操作する過程で現われることがある」と言った。

MBCはこの日午後10時5分『特集-PD手帳はどうして再検証を要求したのか』編を突然放送した。この番組でMBCは最初情報提供者とのインタビューなどこれまでの取材経緯と内容を具体的に明らかにした。

一方、サイエンスは15日午前(現地時間)現在まで黄教授側からの論文撤回要請は受けつけられなかったし、幹細胞がないというメディアの報道に関し、黄教授側に解明を要求したと明らかにした。ジンジャー・ピンホールステア代弁人は「現在まで韓国メディアの報道を確認することができなかった上、サイエンス編集陣は黄博士にメッセージを送って関連情報を要求した」と説明した。

また「現在のメディア報道は黄博士ではないほかの人々から出た情報であるものと思う」とし「私たちは今までのようにメディアの報道に基づいた性急な論評は避けることに大きく留意する」と強調した。

ソウル大は16日午前11時記者会見を通じて盧理事長の発言に対する立場を明らかにするとし、黄教授チームも盧理事長の発言に対する立場を16日、明らかにする予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <黄禹錫教授の真実は…>盧聖一氏「幹細胞ないという事実わかった」

    2005.12.15 21:52
    뉴스 메뉴 보기
    TOP