주요 기사 바로가기

与・野党議員43人「爆弾酒掃討クラブ」創立

2005.09.15 12:14
0
国会に「爆弾酒掃討クラブ(爆掃クラブ)」が創立された。

14日、国会で創立総会を行ったクラブには与・野党議員43人が参加した。彼らは創立総会で「政治が元気なとき、社会も元気になれる」とし「国民に送る爆掃クラブのお約束」を発表した。約束とは「爆弾酒作らず、飲まず、勧めない」「爆弾酒はもちろん暴飲、酒の強要、回し飲みなど、韓国社会の誤った飲酒文化追放に先頭に立つ」「政界が国民の信頼を取り戻せるよう、清潔政治実現のために努力する」などの3つだ。

正会員ではないが韓徳洙(ハン・ドクス)経済副総理、キム・グンテ保険福祉部長官、尹光雄(ユン・グァンウン)国防相、金鍾彬(キム・ジョンビン)検察総長、パク・ウォンスン美しい店常任理事、玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)現代(ヒョンデ)グループ会長、イン・ヨハン延世大セブランス国際治療センター所長ら20人もクラブの爆弾酒掃討キャンペーンに同参するとした。

またマリウス・グリニウス在韓カナダ大使とコリン・ヘーゼルタイン在韓豪州大使、デービッド・テーラー在韓ニュージーランド大使も喜んで加わるとしている。

クラブ加入の勧誘を受け、拒否した2人の議員がいる。 朴熺太(パク・ヒテ)国会副議長と柳寅泰(ユ・インテ)議員だ。爆弾酒の始祖といわれる朴副議長は「爆弾酒党首である私が転向して加入してどうなる」青瓦台政務首席当時「猟奇首席」という別称で通っていたユ議員は「爆弾酒飲む浪漫もなしに、どうやって暮らすのか」と言って拒否した。(爆弾酒:ビールと洋酒を合わせたもの)





最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP