주요 기사 바로가기

黄禹錫、李柄千教授チーム、世界初「クローン犬」開発に成功

2005.08.04 08:25
0

ソウル大学黄禹錫(ファン・ウソック)、李柄千(イ・ビョンチョン)教授チームが、世界で初めて犬のクローン化に成功した。

英国ロスリン研究所が1997年、クローン羊の「ドリー」を誕生させて以来、体細胞のクローン動物としては13種目だ。

黄・李教授チームは3日「4月24日、ハンティングに主に使うアフガンハウンド犬一匹をクローン化した」とし、生まれて100日目のクローン犬を公開した。 研究成果は科学ジャーナルネイチャー4日付に表紙写真を含む論文記事で発表された。

クローニングされた犬の名前は、ソウル大学を意味する英文「SNU」と、子犬を意味する「puppy」の「ppy」を合わせて「スナッピー(Snuppy)」と名づけた。 黄教授は「犬のクローンはこれまでクローニングされた羊や馬、牛、猫などとは比較できないほど難しく、各国研究者らが試みていたが、成功した例はなかった」と説明した。

クローン犬は医学的に大きな意味がある。 新薬開発や治療法開発のため、いろいろな実験に対応できる動物となるものと期待される。

黄教授は「人間と生理的に似ている犬のクローン化が可能になることにより、幹細胞研究と難病動物実験に、霊長類の代わりに使用することができる」と話している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    黄禹錫、李柄千教授チーム、世界初「クローン犬」開発に成功

    2005.08.04 08:25
    뉴스 메뉴 보기
    TOP