주요 기사 바로가기

韓国企業が独MCM社買収へ

2005.06.14 18:10
0
国内の中小企業がドイツの名品革製品ブランド「MCM」買収に動いている。 MCMの国内ライセンス運営業者のソンジュD&Dは14日、「10月に大株主らと持ち分調整交渉を行い、ブランドを引き受ける計画」と明らかにした。

ソンジュD&Dは昨年末、MCM本社の要請で戦略的パートナーシップを締結した後、MCM本社の一部の持ち株を引き受けた。 このため、ソンジュD&DはMCMのグローバル経営に参加し、世界ブランド展開戦略と商品開発およびデザイン部門を掌握している。さらにグローバルCEOに元グッチ社長を招へいするなど、MCMの経営に影響力を行使している。

また、MCMの看板商品であるハンドバッグのデザインを韓国MCM側が供給しており、衣類の商品開発と輸出の権限はソンジュD&Dが握っている。

ソンジュD&Dのハン・ヨンア・マーケティング取締役は「10月にMCMの事業本拠地であるミュンヘンに『MCMセンター(仮称)』を設立し、ブランドのさらなる飛躍を目指す」とし、「ブランドを引き受けた場合、最高の世界名品ブランドを韓国が持つことになる」と語った。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP