주요 기사 바로가기

黄禹錫教授、もう一度世界を驚かせる

2005.05.12 18:53
0
昨年、世界初めて、ヒトの胚性軒細胞(ES細胞)を培養することに成功し、世界から注目されたソウル大・黄禹錫(ファン・ウソック、52)教授が、もう一度世界を驚かせる研究結果を準備している。

12日、科学界によると、黄教授は今月中旬、米国へ向かい、世界的な科学ジャーナル「サイエンス」誌に、成果を発表する予定だ。しかし、黄教授側は成果について、一切のコメントを控えており、内容詳細は伝えられていない。

同教授は現在▽BSE(狂牛病)に感染しない「BSE耐性の牛」▽臓器移植用の「無菌ミニブタ」▽ヒトのES細胞の商用化--の3つの研究に注力している。黄教授は、早ければ今月14日に出国、米ロサンゼルスを経由しピッツバーグへ向かうものとされる。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP