주요 기사 바로가기

放火事件唯一の目撃者「ペット犬」を容疑者と対面

2003.05.23 20:41
0
殺人事件捜査に、警察が唯一の「目撃者」である犬を動員し、容疑者と対面する捜査技法を動員したが、手がかりの確保に失敗し、捜査が足踏み状態にある。

先月6日、ソウル三田洞(サムジョンドン)の連立住宅で殺人放火事件が発生。警察は事件解明のため現場をくまなく捜査したが、手がかりを見つけることは出来なかった。捜査官100人以上を投入して聞き込み捜査を行ったが、目撃者が現れず、事件直後に失踪したペット犬探しに乗り出した。殺害された娘が育てていた「シーズー」種だ。1カ月ぶりに隣の家で犬を見つけた警察は、直ちに現場に連れていった。

手がかりが1つでも見つかればと、警察はある放送局の時事番組の提案で、最近日本で開発された「動物言語翻訳機」を導入。先週末、容疑者として浮上した周辺の人物数人と、犬を対面させた。

警察は調査室にカメラを設置し、ペット犬の反応をうかがったが、すでに記憶が薄れているせいか、確かな手がかりは得られなかった。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP