주요 기사 바로가기

手榴弾で息子を失った母親「他の兵士がトラウマにならないように」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.05.24 13:07
0
韓国の新兵訓練所で発生した手榴弾爆発事故で息子を送った訓練兵の母親が「悲痛さは言葉で言い表せない」として「一緒に訓練を受けた幼い訓練兵がトラウマを経験しないよう措置をとってほしい」という心境を伝えた。

23日、フェイスブック「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」には陸軍第32歩兵師団の新兵教育隊で訓練を受けている途中、手榴弾爆発事故で死亡したA(20代)訓練兵の母親Bさんの書き込みがあった。Bさんは「思ったより軍生活も訓練もうまくやっていると、来週会っておいしいものを食べて映画も見ようという話に『いいですね』と言ったわが息子にもう二度と会うことができなくなった」と伝えた。そして、「どうか夢であってほしい。会いたいと言ったら、『頑張ってください。来週会えるので少しだけ我慢してください。私も頑張ります』と言ったわが息子がなぜこうなったのだろうか」と書き込んだ。

 
Bさんは「どれほど怖くて大変だったのだろうか。どうしてこのように凄惨に先に去らなければならないのか、誰を恨めばいいのか」として「国から呼ばれて国防の義務を全うするために入隊したわが息子がなぜこのような危険に露出され事故にあったのか。その瞬間どれほど怖かったのか、息子に会いたくて息子について行きたい気持ち」と話した。

また「苦痛の中で葬儀を行っている。一緒に訓練を受けた若い訓練兵たちがどうかトラウマを受けずに自隊に帰られるように措置をとってほしい」と語った。これに先立って21日午前9時50分ごろ、該当部隊では訓練の途中に手榴弾が爆発し、A訓練兵が死亡し、小隊長1人がけがした。陸軍関係者は「A訓練兵の家族の方々に深いお見舞いを伝える」とし、「残りの訓練兵に対するトラウマ治療、心理安定支援も徹底的に行う」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP