주요 기사 바로가기

「飲酒当て逃げ」容疑の歌手キム・ホジュン、証拠隠滅の懸念で「拘束令状」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.05.23 13:41
0
「飲酒当て逃げ」容疑がもたれている歌手キム・ホジュン(33)が警察の取り調べで「泥酔するほど酒は飲んでいなかった」という趣旨で供述していることが分かった。警察はこのような供述が偽りである可能性があるとみて、証拠隠滅の懸念などを理由に拘束令状を申請した。

ソウル江南(カンナム)警察署は9日午後11時40分、飲酒によって正常な運転が困難な状態でソウル江南区新沙洞(カンナムグ・シンサドン)の路上で接触事故を起こして逃げた容疑(危険運転致傷・逃走致傷・事故未措置・犯人逃避幇助等)でキム氏の拘束令状を申請したと22日、明らかにした。検察もこの日午後、キム・ホジュンの拘束令状を裁判所に請求した。

 
特定犯罪加重処罰法上危険運転致傷は、飲酒または薬物の影響で正常な運転が困難な状態で運転して人に傷害を負わせた場合、1年以上15年以下の懲役刑で加重処罰するものだ。血中アルコール濃度0.03%以上の数値が求められる道路交通法上飲酒運転とは違い、事故当時に運転者が飲酒の影響で正常な運転が困難な状態であれば成立する。

キム・ホジュンの所属事務所であるセンガクエンターテインメントはこの日、「キム・ホジュンは23~24日『ワールドユニオンオーケストラスーパークラシック:キム・ホジュン&プリマドンナ』の公演を最後にすべての活動を中断、自粛の時間を持つ予定」と発表した。だが、裁判所が拘束前の被疑者審問(令状実質審査)日程を24日午後12時に決定したことで、同日午後8時開始の公演は開催自体が不透明だ。

キム・ホジュンは審問が終わった後、拘置所で待機しなければならない。審問はソウル中央地方法院(地裁)シン・ヨンヒ令状専門担当部長判事が進める。キム・ホジュンは21日の警察取り調べで「正確に覚えていないが、飲食店と遊興飲食店2カ所で酒を飲んだ」とし「飲食店では『焼爆』(焼酎とビールを混ぜた爆弾酒)1~2杯、遊興飲食店では洋酒は飲まず、焼酎だけ3~4杯など合計10杯以内の酒を飲んだ」という趣旨で供述したという。公演を控えていて泥酔するほど酒を飲んではいなかったという主張だ。事故経緯に関連しても「飲酒の影響ではなく、携帯電話とブルートゥースのペアリング操作をしていて瞬間的なミスで事故を起こした」と説明した。

警察は防犯カメラの映像などに基づき、キム・ホジュンが泥酔運転をしていたという証拠を確保した。だが、キム・ホジュンが取り調べでこれと相反する供述をしていることから、証拠隠滅と逃走の恐れがあると判断して拘束令状の申請を決めた。警察関係者は「ウィドマーク式などを活用して正確な血中アルコール濃度の数値を計算するのに時間がかかる」とし「今後飲酒運転容疑適用も検討中」と説明した。

警察は組織的な事件隠蔽容疑を受けている所属事務所関係者の拘束令状も合わせて申請した。イ・グァンドク代表には犯人逃避教唆容疑、所属事務所本部長C氏は証拠隠滅および犯人逃避教唆容疑がそれぞれ適用された。イ代表はマネジャーにキム・ホジュンの代わりに警察でうその自白をするよう指示をした容疑がもたれている。15日の取り調べの直後「運転者のすり替えは私が指示した」と明らかにした。C本部長は最近の取り調べでキム・ホジュンが事故当時乗っていた車両のドライブレコーダーのメモリーカードを飲み込んだと供述したという。

一方、前日取材陣などの人目を避けて地下駐車場から出頭したキム・ホジュンは「取材陣の前に立ちたくない」とし、取り調べが終っても6時間にわたり帰宅を拒否し、午後10時41分ごろ「調査を確かに受け、残った調査があれば誠実に受ける」と言った後、帰宅した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「飲酒当て逃げ」容疑の歌手キム・ホジュン、証拠隠滅の懸念で「拘束令状」

    2024.05.23 13:41
    뉴스 메뉴 보기
    歌手のキム・ホジュン。[写真 センガグルボヨジュヌンエンターテインメント]
    TOP