주요 기사 바로가기

イランのライシ大統領の葬儀…「テヘラン広場に数百万人が集まった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.05.23 07:21
0
ヘリ墜落事故で死亡したイランのエブラヒム・ライシ大統領の葬儀が22日(現地時間)、首都テヘランで2日間執り行われた。

国営IRNA通信などによると、イラン当局が臨時休日と宣言した同日午前、テヘラン大学でライシ大統領など事故で死亡した犠牲者の死をたたえる葬儀礼拝が行われた。

 
直接葬儀礼拝を執り行った最高指導者のハメネイ師は、イランの国旗と肖像画で飾られた棺を前にして追悼の祈りを捧げた。

国営プレステレビはテヘラン大学を中心に市内の道路と広場に数百万人が集まったと報じた。

大統領職務代行を務めたモハメド・モクベール第一副大統領は礼拝中にすすり泣いたが、この姿は中継カメラにも映った。

犠牲者の遺体はテヘラン南部のアザディ広場に運ばれた。

街を埋め尽くした人々は運柩行列を後にして「米国に死を」「イスラエルに死を」というスローガンを繰り返し叫んだ。このスローガンはイランで開かれる政治集会の「公式スローガン」だ。

イスラエルと戦争中のパレスチナ武装政派ハマスの政治指導者イスマイル・ハニヤ氏も同日、テヘランに姿を現した。

ハニエ氏はこの日、葬儀行事に先立ち、群衆を率いて「イスラエルに死を」というスローガンを唱えた。また「私はパレスチナ人の名前で、ガザ地区の抵抗勢力の名前で哀悼の意を表するためにここに来た」とし「ライシ大統領はパレスチナ国家を支持するという確固たる立場だった」と話した。

この日の午後には大規模な宗教施設であるモサラベ式教会で葬儀行事が続く。葬儀日程最終日の23日には南ホラーサーン州ビルジャンドに運ばれ、正午に合わせてシーア派最大の聖地でライシ大統領の故郷でもある北東部マシュハドに移され、イマーム・レザー聖廟に埋葬される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イランのライシ大統領の葬儀…「テヘラン広場に数百万人が集まった」

    2024.05.23 07:21
    뉴스 메뉴 보기
    イランの国旗
    TOP