주요 기사 바로가기

トランプ氏、「演説途中30秒フリーズ」に「音楽が出てきて静かにしていた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.05.21 11:07
0
米国のトランプ前大統領は、演説途中に突然発言を止めて「約30秒フリーズ」状態になったという報道に対して「バイデンキャンプが作ったフェイク話」と明らかにした。

トランプ氏は20日(現地時間)、自身のSNSを通じて「(当時)間奏(musical interlude)に入るところで、我々が音楽を使うすべての演説で30~60秒間の沈黙は標準」と明らかにした。

 
あわせて「私の演説をすべて確認してみるがいい」とし、問題になった全米ライフル協会(NRA)年次会議の演説映像もあわせて投稿した。

トランプ氏は「彼ら(バイデン側)がこのようなフェイク情報を作った理由はバイデンはいつもフリーズしていて文章2つもつなげることができず、助けを借りなければステージから出て行く道も探せないため」としながら「私は決して(発言中に)フリーズなどしない」と明らかにした。

これに先立ち、トランプ氏は18日テキサス州で開かれたNRA年次会議で行われた約1時間30分の演説の途中、30秒ほどフリーズしたような姿を見せた。当時の映像を見ると、演説終了まで約10分を残した時点でステージからは音楽が流れていた。突然発言をストップしたトランプ前大統領は正面を凝視するような表情を作ったり首を左右に振ったりした。その後30秒ほど沈黙した後、「我が国は衰退している」と言って演説を続けた。

バイデン大統領の支持者の会「バイデンの勝利(Biden’s wins)」はSNSを通じて出したコメントで「トランプが遊説でフリーズした」としながら「(トランプは)大統領職実行に適していない」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ氏、「演説途中30秒フリーズ」に「音楽が出てきて静かにしていた」

    2024.05.21 11:07
    뉴스 메뉴 보기
    トランプ前大統領
    TOP