주요 기사 바로가기

運転者すり替え、消えたドライブレコーダー…韓国歌手キム・ホジュンに強制捜査を検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.05.15 15:00
0
韓国警察が当て逃げ容疑で立件されたトロット歌手キム・ホジュン(33)に対して家宅捜索など強制捜査を検討することが確認された。

15日、韓国メディア「ニュース1」によると、ソウル江南(カンナム)警察署は道路交通法違反(事故後未措置)容疑がもたれているキム容疑者の車両ドライブレコーダーのメモリーカードが消えた事実を確認し、家宅捜索などを検討していると明らかにした。

 
キム容疑者氏は9日午後11時40分ごろ、江南区狎鴎亭洞(アプクジョンドン)の路上で進路変更中に正面から走ってきたタクシーと接触事故を起こした後、逃走した容疑がもたれている。

その後、事故発生から2時間が過ぎた10日午前1時59分、キム容疑者のマネジャーである30代男性Aさんが警察署を訪れて自身が運転者だとして自首した。だが、警察の調査でキム容疑者の運転事実が明らかになり、運転者すり替え疑惑が提起された。

キム容疑者は事故翌日の10日午後4時30分ごろ飲酒測定を受けたが、すでに17時間以上も経過していて有意味な結果は出てこなかった。

警察は14日にもキム容疑者を呼んでメモリーカードの行方や事件当日の行跡などに対して8時間の徹夜の取り調べを行った。

警察はキム容疑者の飲酒運転の可能性の他にも虚偽で自首したAさんに対して犯人逃避罪容疑を適用できるか法理検討を進めている。

現在、キム容疑者側は当て逃げと飲酒運転の事実を否定している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    運転者すり替え、消えたドライブレコーダー…韓国歌手キム・ホジュンに強制捜査を検討

    2024.05.15 15:00
    뉴스 메뉴 보기
    歌手のキム・ホジュン。[写真 センガグルボヨジュヌンエンターテインメント]
    TOP