주요 기사 바로가기

ライバルの死亡に…五輪3連覇挑戦「マラソンの英雄」が身辺脅迫

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.05.15 14:50
0
思わぬ陰謀説にマラソンの英雄が苦痛を受けている。オリンピック(五輪)3連覇に挑戦するエリウド・キプチョゲ(40・ケニア)が交通事故で亡くなったケルヴィン・キプタム(ケニア)の死に関わったのではないかというサイバーテロを受けた。

キプチョゲは英国BBCとのインタビューで「ソーシャルメディアで私がキプタムの死に関与しているという投稿があった」と打ち明けた。キプタムは昨年10月シカゴマラソンで42.195キロのフルコースを2時間35秒で走った。キプチョゲが2022年ベルリンで立てた世界記録(2時間1分9秒)を16秒も操り上げた。人類初の「2時間切り」への挑戦も期待された。だが、2月12日不慮の交通事故で亡くなった。

 
一部では「キプチョゲがキプタムの死の背後なのではないか」という陰謀説が広がった。キプチョゲがキプタムが世界記録を樹立する時、心から祝っていなかったということだ。キプチョゲは「そのようなことは起きていなかったのに、世の中がそのように見ている」として嘆いた。

悪質コメンターの攻撃はキプチョゲで止まらなかった。家族にまで嫌がらせが広がっている。キプチョゲは「寄宿学校に通う娘がSNSに接近できないのが幸いだ。だが、息子がSNSで『お前のお父さんがキプタムを殺した』という言葉を聞くのは本当に耐え難いこと」と悲しんだ。

続いて「私が生まれたのは田舎だ。だがSNSをしない母まで知っている。母が『健康に気をつけて。いろいろなことがあった』と話した」と言って苦しみをにじませた。キプチョゲは「身内の人やトレーニング仲間、私が会う人々にまで良くない言葉をかけられて本当に苦痛だった」と話した。

精神的な苦しさが競技力にも影響を及ぼした。キプチョゲは今年初の大会だった3月の東京マラソンで2時間6分50秒の記録で10位に留まった。キプチョゲは「3日間眠ることができなかった。最悪のコンディションだった」と打ち明けた。

関係者は今回のことを契機にSNSをしないほうが良いと助言したが、キプチョゲは削除する考えはないと話した。「私のアカウントを削除すれば私に何か隠し事があるのではないかと誤解するかもしれない。私は何もしていない」とした。代わりに彼は悪質なコメントを残す人々に特別な措置を取ることもなかった。

キプチョゲは「このことで私は誰も信じることができなくなった。さらには自分の影さえ信じることができない」とした。キプチョゲは2024年パリ五輪期間、選手を保護するために「(サイバーテロに対して)先制的で節度を持って対応する計画」という国際オリンピック委員会(IOC)の発表を歓迎した。IOCは人工知能を活用して悪質な書き込みを把握してソーシャルメディア企業に伝える計画だ。

キプチョゲは2016リオ五輪と2020東京五輪で相次いで金メダルを獲得した。五輪マラソンで2連覇を達成した選手は3人(アベベ・ビキラ、ワルデマール・チェルピンスキー、キプチョゲ)だ。40歳の老将キプチョゲは史上初の3連覇に挑戦する。キプチョゲは「私は引き続き訓練する。起きあがって目標に向かって走る。私は歴史の本に史上初の3回連続優勝を達成した選手として名前を残したい」と意思を確かめた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ライバルの死亡に…五輪3連覇挑戦「マラソンの英雄」が身辺脅迫

    2024.05.15 14:50
    뉴스 메뉴 보기
    マラソンの資料写真 [Pixabay]
    TOP