주요 기사 바로가기

米国、1000兆匹のセミの群れの襲撃予告…「まるでジェット機の横に頭を当てるような騒音水準」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.04.22 09:10
0
米国で221年ぶりに歴代級のセミの群れが現れると予告され、米国人たちが緊張している。

20日(現地時間)、ワシントン・ポスト(WP)とAP通信などによると、昆虫学者は今月末ごろから今夏まで、周期セミ(periodical cicada)の2つの部類がともに地上に上がって活動するものと予想した。

 
このセミは、それぞれ13年周期(Brood XIX)と17年周期(Brood XIII)で、地中から這い出る群れだ。米国でこの二つの部類が同時に登場するのは、1803年のトーマス・ジェファーソン元大統領の在任時代以来初めてだ。13と17は1と自分以外の自然数で分けられない少数なので、最小公倍数である221年が同時出現周期になる。

今年は、この二つの部類に含まれたセミ7種が、さまざまな場所で一度に出現する予定だ。学界は、これに関する様々な貴重なデータを収集できるものと期待している。

今回登場するセミは、毎年夏に頻繁に見られるセミと違って赤い目をしている。10年以上の長い間、寒さを避けるために地中の深いところで幼虫時代を過ごして上がってくるのが特徴だ。

コネチカット大学の昆虫学者ジョン・クーリー氏は今回現れる現象をセミとアルマゲドンを合わせた「セミゲドン」と呼び、全体個体数が1000兆匹に達する可能性があると予測した。

このセミが主に生息する地域は、イリノイ州をはじめ、ウィスコンシン州からルイジアナ州、ワシントンDCの隣のメリーランド州からジョージア州の間に至る中部と東南部地域だ。全体16州にわたり、1エーカー(約4047平方メートル)当たり平均約100万匹が覆うと予想される。

セミは地面の温度が摂氏17.8度まで暖かくなれば地上に上がってくるが、気候変動によってこの時期が以前より早まる傾向があると昆虫学者は説明した。

セミは鳥にとって理想的な餌であり、人体や農作物に害を与えないことで知られている。しかし、大きな泣き声のために個体数が多くなるほど騒音が大きくなる問題がある。

クーリー氏はセミの群れが出す音が「110デシベルに達する」として「まるでジェット機の横に頭を当てるようで苦しい」と話した。

2007年、イリノイ州シカゴの音楽フェスティバル「ラヴィニア・フェスティバル」では、17年周期のセミの出現による騒音を懸念し、日程を先送りしたことがある。2021年にはワシントンDC近隣のダレス国際空港でホワイトハウス取材団のチャーター機にセミの群れが飛んできて外部装備の一部に問題が生じて離陸が遅延されたこともある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国、1000兆匹のセミの群れの襲撃予告…「まるでジェット機の横に頭を当てるような騒音水準」

    2024.04.22 09:10
    뉴스 메뉴 보기
    周期セミの資料写真[Pixabay]
    TOP