주요 기사 바로가기

中国の民間ドローンに突破された北朝鮮の領空…人っ子一人いない新義州の通り

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.04.03 09:45
0
中国の民間ドローン(無人機)が朝中の国境隣接都市である北朝鮮新義州(シンウィジュ)を領空から撮影したという動画がオンラインを通じて公開されて話題になっている。

先月26日、米国オンラインコミュニティ「Reddit(レディット)」のある中国人コミュニティには、2020年に新義州をドローンで撮影したとして関連写真と映像を添えたものが投稿された。投稿者は出発地である中国遼寧省丹東市から1.6キロ以上飛行して撮影した写真だと記録を残した。

 
19秒ほどの映像と写真には、都心の風景や鴨緑江(アムノッカン)周辺に停泊中の船舶など新義州市全景が含まれている。

通りは人っ子一人いないほど閑散としている。撮影時期が2020年で、コロナ禍によって国境封鎖と内部統制が強化された時であるため、住民の移動が少なかったと推定される。

自転車に乗って走ったり道を歩いている住民のほとんどがマスクをしている。ドローンを見つけた住民が珍しいものを見るように上を見上げる場面も確認された。

写真では建物に掲げられた金日成(キム・イルソン)主席・金正日(キム・ジョンイル)総書記父子の肖像画だけでなく「白頭(ペクトゥ)の革命精神」「正面突破戦」など通りに設置された宣伝画の文字まで識別することができる。

撮影に使われたドローンは中国製「DJI(大疆)」で、最高高度は120メートルだ。

丹東は朝中最大の交易拠点で、新義州市とは鴨緑江を間に挟んでいる。丹東と新義州の間の鴨緑江川の幅が2キロ程度にすぎないためドローンの撮影が可能だったものとみられる。ただし該当の撮影が北朝鮮や中国当局の許可を受けて行われたわけではないものとみられる。

過去にも北朝鮮の国境地域を撮影した映像がユーチューブに投稿されたことはあったが、今回は新義州の都心を近距離で撮影して人々の関心を集めた。投稿者は身辺を尋ねる人々の質問に「私はまだ生きていて自由だ」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国の民間ドローンに突破された北朝鮮の領空…人っ子一人いない新義州の通り

    2024.04.03 09:45
    뉴스 메뉴 보기
    3月26日(現地時間)、米国オンラインコミュニティ「Reddit(レディット)」の中国人コミュニティに掲載されたドローン撮影の写真。[写真 Reddit]
    TOP