주요 기사 바로가기

メキシコの海岸で中国人8人が遺体で見つかる

ⓒ 中央日報日本語版2024.04.01 10:20
0
メキシコの海岸で中国出身の移民者8人が遺体で見つかった。

オアハカ州検察はプラヤ・ビセンテの町の海岸で遺体を発見して捜査したところ、死亡者の国籍は中国であることを確認したと31日(現地時間)、明らかにした。彼らはボートの転覆により命を落としたとオアハカ検察はみている。

 
現地検察は「中国国籍女性7人と男性1人が別の1人(生存者)と一緒にボートに乗っていたことが調査で分かった」とし「生存者の話によると、彼らは28日に南部タパチュラで会ったメキシコ男性の案内を受けてボートに乗ったと推定される」と説明した。あわせて在メキシコ中国大使館と協力して死亡者の正確な身元を確認していると付け加えた。

南部グアテマラ国境地域であるチアパスに近いこの地域はテワンテペク地峡に該当する場所で、陸路を通じてメキシコ北部の米国国境地域に向かおうとする未登録(不法)移民者の主なルートに属する。このルートは最近急増の勢いを見せている中国人不法移民者のメキシコ終端ルートの一つでもある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    メキシコの海岸で中国人8人が遺体で見つかる

    2024.04.01 10:20
    뉴스 메뉴 보기
    メキシコの国旗
    TOP