주요 기사 바로가기

ナワリヌイ氏の同僚「ナワリヌイ氏、収監者の交換で釈放されるところだった…妥結直前に殺される」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.27 07:02
0
アレクセイ・ナワリヌイ氏が刑務所で死亡する直前、ロシア政府の暗殺要員と交換する方式で釈放される可能性があったという主張が出た。

26日(現地時間)、ナワリヌイ氏の同僚であるマリア・ペブチフ氏はユーチューブに投稿した映像で「ナワリヌイ氏と米国国籍者2人がドイツで収監中のロシア情報機関出身のヴァディム・クラシコフ氏と交換するというやり取りが最終段階にあった」と主張した。

 
ドイツで服役中の暗殺者クラシコフ氏をナワリヌイ氏や米国人2人の3人と交換しようという提案が今月初めにあったということだ。

ペブチフ氏は、「ナワリヌイ氏は今日、この席に座ることができた。比喩的な表現ではなく、実際に起こり得ることであり、そうすべきだったことだ」とし、「ナワリヌイ氏が死亡する前日の今月15日の夕方、交渉が最終段階にあったことを確認した」と明らかにした。

同時に「プーチン大統領はナワリヌイ氏が釈放されることを放っておくことができなかったため、ナワリヌイ氏が交渉の最終段階で殺害された」と主張した。

また、ナワリヌイ氏の同僚たちが彼を救出するために西側の仲裁者を探すため、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官(昨年死亡)などと接触したこともあるが、西側政府が意志を示さなかったと批判した。

ペブチフ氏は、イングリッシュ・プレミアリーグ(EPL)のチェルシーの元オーナーでロシア実業家のロマン・アブラモヴィッチ氏がプーチン大統領との仲裁者として出て交渉に関与したと主張した。しかし、このような主張に対する根拠は提示しなかった。

クラシコフ氏は2019年、ドイツ・ベルリンでジョージア出身の元チェチェン反軍指導者ゼムリカン・カンゴシュビリ氏を殺害した疑いで、2021年ドイツ裁判所で無期懲役を言い渡されて服役中だ。

探査記者出身でロシア当局にスパイを意味する「外国代理人」に指定されたペブチフ氏は交換対象だったという米国人2人の名前に言及しなかった。

米政府は最近、ロシアに拘禁中のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のエバン・ゲルシコビッチ記者と米海兵出身のポール・ウィラン氏の釈放に向けて努力していると明らかにしてきた。プーチン大統領も今月初め、米国右翼コメンテーターのタッカー・カールソン氏とインタビューし、ゲルシコビッチ記者の釈放に向けて議論中だと言及したことがある。

このような主張を受け、クレムリンは「政府とプーチン大統領は、ナワリヌイ氏の死亡といかなる関係もない」と一蹴している。ナワリヌイ氏の側近によると、当局はナワリヌイ氏の死亡診断書に死因を「自然死」と記した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ナワリヌイ氏の同僚「ナワリヌイ氏、収監者の交換で釈放されるところだった…妥結直前に殺される」

    2024.02.27 07:02
    뉴스 메뉴 보기
    アレクセイ・ナワリヌイ氏
    TOP