주요 기사 바로가기

尹大統領との討論会で連行された大韓小児青少年科医師会長…4時間以上取り調べを受けた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.22 07:26
0
大韓小児青少年科医師会長が、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領主宰の医療改革民生討論会で「反対の意見」を出して大統領警護処の職員に連行された後、警察の取り調べを受けた事実が後になって明らかになった。

21日、京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)盆唐(プンダン)警察署によると、1日、大韓小児青少年科医師会のイム・ヒョンテク会長が盆唐ソウル大学病院で開かれた「生命と地域を生かす医療改革」討論会場を訪れ、意見を出そうとしたが、会場の前で大統領警護処の職員らに口が塞がれて退場された。

 
同日、イム会長は警察によって盆唐警察署に移送された後、4時間以上取り調べを受けた。

イム会長は小児科と救急室関連の自分の意見を出そうとしたが、口が塞がれて退場させられたという。

警察関係者は「当日(1日)、そのようなことがあり、まだ取り調べている」と話した。

イム会長は当時の討論会で、「必須医療に対する大統領の言及があると思って意見を伝えようとしたが、無理に入ろうとしたり、身体的な接触が発生したりしなかったにもかかわらず、強制的に連行された」と主張した。

警護処の職員らは、「会場周辺は大統領など警護に関する法律上の警護区域だ」とし、退場措置の根拠を明らかにしたという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領との討論会で連行された大韓小児青少年科医師会長…4時間以上取り調べを受けた

    2024.02.22 07:26
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領
    TOP