주요 기사 바로가기

「ウクライナに50ドル寄付したから」…ロシア、米二重国籍者を反逆罪で起訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.21 14:44
0
ロシア保安当局がウクライナ慈善団体に約50ドルを寄付したという容疑で米国とロシアの二重国籍者を逮捕して反逆罪で起訴した。

米ニューヨーク・タイムズ(NYT)の20日(現地時間)の報道によると、ロシア連邦保安局(FSB)はこの日今年33歳になる女性でロサンゼルス在住の米国とロシアの二重国籍者をロシア中部エカテリンブルクで反逆罪容疑で逮捕したと明らかにした。

 
FSBはこの女性が2022年2月以降、ウクライナ軍が使う武器などを購入するウクライナ団体に資金を支援し、米国で開かれたウクライナ政権支持行事にも参加するなど反逆罪を犯したと主張した。

また、この女性がエカテリンブルクにあるウラル連邦大学に通い、その後米国市民権者と結婚して米国に移住したと伝えた。FSBは逮捕された女性の名前を公開しなかったが、ロシアメディア「メディアゾナ」は女性の名前が「Ksenia Karelina」だと伝えた。

ロシア法律団体所属「Perviy Otdel」は、ロシアがウクライナを侵攻した2022年2月24日にこの女性がウクライナ慈善団体「Razom」に51.80ドル(約7770円)を寄付したという理由で逮捕されたと説明した。

Perviy Otdelはこの女性が今年1月に逮捕され、今月7日に反逆罪で起訴されたとし、有罪が認められれば最高懲役20年刑が宣告される場合があるとした。

ロシアのソーシャルネットワーク「フコンタクテ(VK)」のプロフィールによると、この女性は2014年ウラル連邦大学を卒業し、2021年米国市民権を取得した。現在ボルティモアにあるメリーランド大学に在学中だ。

一方、米国務省のマシュー・ミラー報道官はこの女性に対する領事助力を試みたがロシア当局がこれを許可しなかった状態だと明らかにした。

ロシアは海兵隊出身で企業のセキュリティ責任者として働いていたポール・ウィラン氏とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の記者エバン・ゲルシコビッチ氏もスパイ容疑で拘留している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ウクライナに50ドル寄付したから」…ロシア、米二重国籍者を反逆罪で起訴

    2024.02.21 14:44
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアの国旗
    TOP