주요 기사 바로가기

プーチン氏に新しい恋人説…「32歳年下の“金髪バービー”」 

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.21 14:03
0
ロシアのプーチン大統領(71)が32歳年下の女性と熱愛中であることが外信の報道を通じて伝えられた。

19日(現地時間)、米国ニューヨーク・ポストなど外信は「プーチン大統領の新しい恋人は英国出身の美術史学者で「セーフ・インターネット・リーグ」代表のエカテリーナ・ミズリナ氏(39)と推定される」と報じた。セーフ・インターネット・リーグはロシア当局の検閲を補助する准政府機関だ。

 
この日、ウクライナ「チャネル24」に出演したロシア人権活動家のオルガ・ロマノワ氏は「エカテリーナ・ミズリナは完全にプーチンの好み」としながら「このようなバービータイプはいつもプーチンと相性が良かった」と主張した。

ロマノワ氏は2人の年齢差に関して「(プーチンは)71歳だ。我々は老人差別主義者になるのをやめよう。その男は人生の全盛期にあるのになぜだめなのか」と皮肉った。2人の熱愛説を初めて提起したロシアのあるテレグラムチャネルが「2人が最近になって接近した」と明らかにした。ただし、匿名を求めた数人の消息筋は「100%確信できない」と強調して言及に非常に慎重だったと伝えた。

ミズリナ氏は親プーチン強硬派のロシア議員エレナ・ミズリナ氏(69)の娘で、2004年ロンドン大学校東洋アフリカ研究学院(SOAS)で美術史とインドネシア語の学位を取得した。2017年セーフ・インターネット・リーグに合流する前は中国を訪問する公式ロシア代表団の通訳者として勤務した。

ミズリナ氏はオンライン上での検閲、罰金および制裁を擁護してきており、オンラインでプーチン大統領に対する批判を抑圧してきた。

ミズリナ氏は2022年5月の演説で「まず我々はナチスからウクライナを掃除する。その次、Google(グーグル)とウィキペディアに接近するだろう」と話していたという。独立ロシアメディア「ノーバヤ・ガゼータ」は「セーフ・インターネット・リーグ」が国粋主義者であるロシア財閥コンスタンチン・マロフェーエフ氏の財政的支援を受けている」と報道した。

プーチン大統領は2014年に30年間共にしたリュドミラ夫人と離婚した。その後、元オリンピック(五輪)新体操選手のアリーナ・カバエワさん(40)と交際中という説が提起され、2人の間に子女がいるという推測も登場していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    プーチン氏に新しい恋人説…「32歳年下の“金髪バービー”」 

    2024.02.21 14:03
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのプーチン大統領
    TOP