주요 기사 바로가기

韓国専攻医集団辞職事態…協議会会長も辞表提出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.19 15:50
0
韓国政府の医大増員に反対して大型病院専攻医の集団辞職が相次いだ中、セブランス応急医学科専攻医のパク・ダン大韓専攻医協議会会長も辞表を提出したと19日、明らかにした。

パク会長はこの日、自身のフェイスブックで「辞表をを提出した。最初から救急室は問題が多く、同僚がいつ病院を出て行ってもおかしくない状況だった」と明らかにした。続いて「現場を無視した政策のため、小児応急医学科細部専攻医の夢、未練なく終えることになった」とし「戻る考えはない」と強調した。

 
「ビッグ5」病院(サムスンソウル病院、ソウル峨山病院、セブランス病院、ソウル大病院、ソウル聖母病院)所属の専攻医はこの日、全員が退職届を提出し、翌日午前6時から勤務を中断すると明らかにした。保健福祉部の集計によると、16日午後6時基準で専攻医数上位修練病院100カ所のうち23カ所で715人が退職届を提出した。このうち実際に勤務しないと把握された専攻医103人には業務開始命令を出した。

朴敏守(パク・ミンス)福祉部第2次官はこの日、「医師集団の行動中央事故収拾本部」会議後のブリーフィングで「この時間から全国221カ所の全体修練病院の専攻医を対象に診療維持命令を発令する」とし「きょう現場点検を実施する予定であり、現況が把握されれば迅速かつ透明に公開する」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国専攻医集団辞職事態…協議会会長も辞表提出

    2024.02.19 15:50
    뉴스 메뉴 보기
    写真 シャッターストック
    TOP