주요 기사 바로가기

「7兆ドル調達してAIチップ投資」「傍観しない」…アルトマン-ファンの真っ向勝負

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.13 16:26
0
OpenAIのサム・アルトマン最高経営責任者(CEO)とエヌビディアのジェンスン・フアンCEO。12日(現地時間)からアラブ首長国連邦(UAE)ドバイで開催された「2024世界政府サミット(WGS)」では、2人の人工知能(AI)の大物が世界の関心を集めた。世界半導体市場に大きな変化を呼び起こす2人のCEOの新しい戦略が伝えられた直後だからだ。エヌビディアの影響力を抜け出そうとするアルトマンの動きが大胆になる中、AI半導体市場でトップを守ろうとするファンもこれに対応する姿だ。

9日(現地時間)、ウォールストリートジャーナル(WSJ)はアルトマンが5兆-7兆ドル規模の資金調達を進めていると、消息筋を引用して報じた。情報筋によると、アルトマンはこのためにアラブ首長国連邦(UAE)政府を含む大手投資家と会っている。

昨年、世界半導体市場全体の売上高が5270億ドル(約79兆円、国際半導体装備材料協会)であることを考慮すると、7兆ドルという投資金額は天文学的だ。現在企業価値世界1・2位のアップルとマイクロソフト(MS)の時価総額を合わせた6兆ドルよりも多い。WSJは「アルトマンが世の中を変えようと野心に満ちた計画を立てた」と評価した。

 
背景には深刻な半導体不足現象がある。OpenAIが開発した生成AI「チャットGPT」を開発・運営するには大量の半導体が必要となる。OpenAIだけでなくグーグル・アマゾン・メタなども独自のAI開発に乗り出し、高性能半導体の需要は急増している。この市場はエヌビディアのグラフィック処理装置(GPU)が独占している。

エヌビディアのGPUはグラフィック処理用途で開発され、AI用として使用する場合は電力消費効率が低いという短所がある。こうした問題を解決するためにアルトマンは生成AIに使用される半導体を別に設計して製造する戦略を立てた。

天文学的な資金を調達するためにアルトマンは中東の「オイルマネー」とも協力について議論している。WSJによると、アルトマンはUAEのアール・ナヒヤーン大統領の弟でAIスタートアップG42を設立したシェイク・タフヌ国家安全保障担当補佐官に会ってこの計画を説明した。ソフトバンクの孫正義会長にも会ったという。

エヌビディアはこうしたアルトマンの計画に応酬するように、独自のAI半導体市場攻略に動き出した。同日のロイターによると、エヌビディアは顧客の要請でAI半導体を設計する新しい事業部を構築中で、すでにエリクソンのようなグローバル企業を顧客として製品開発を協業中だ。AI半導体市場の80%以上を掌握したエヌビディアがトップを守るために独自チップ支援まで進出するという戦略だ。ロイターによると、エヌビディアはアマゾンとメタ・マイクロソフト(MS)・アルファベット・OpenAIともチップ製作について議論した。

国内半導体業界はこうした地殻変動が起きれば、サムスン電子とSKハイニックスなどにチャンスが訪れるとみている。アルトマンの巨大な半導体製造プロジェクトを成長の踏み台にできるからだ。エヌビディアがAI半導体設計市場に進出するのもファウンドリー(委託生産)にはチャンスだ。

しかしチャンスをつかめなければ遅れをとることになる。ある半導体業界の関係者は「OpenAIやエヌビディアがTSMCと先に手を握ればサムスン電子ファウンドリーは大きな成長の機会を逃すことになるだろう」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「7兆ドル調達してAIチップ投資」「傍観しない」…アルトマン-ファンの真っ向勝負

    2024.02.13 16:26
    뉴스 메뉴 보기
    サム・アルトマンCEO(左)、ジェンスン・フアンCEO
    TOP