주요 기사 바로가기

インドネシアのサッカー選手、試合中に落雷で死亡

ⓒ 中央日報日本語版2024.02.13 13:49
0
インドネシアでサッカー選手が試合中に落雷で死亡する事故が発生した。

インディアトゥデイなど海外メディアの13日(現地時間)の報道によると、10日、インドネシア3部リーグ(リーガ3)のFBIスバンに所属するDFセプティアン・ラハルジャ選手(35)が親善試合中に雷に打たれて倒れた。ラハルジャ選手はすぐに病院に搬送されたが死亡した。

観客席から撮影された映像をみると、突然、稲妻と同時に倒れる選手の姿が見える。事故当日は天気は良かったが、試合中に急変したという。

 
インディアトゥデイは「突然の選手の死亡に同僚の衝撃は大きい」とし「こうした事故は野外スポーツ活動に対する落雷の危険性を見せる事例」と報じた。

一方、インドネシアでこうした事故が発生したのは今回が初めてではない。これに先立ち東部チームのユースサッカー選手も昨年、U-13(13歳以下)カップ大会の試合中に落雷で死亡した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    インドネシアのサッカー選手、試合中に落雷で死亡

    2024.02.13 13:49
    뉴스 메뉴 보기
    インドネシアサッカー選手が落雷で死亡した試合 [写真 Kobbie Mainoo Fans X]
    TOP