주요 기사 바로가기

バイデン大統領が反対も…イスラエルがラファ空襲「約100人死亡」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.13 08:01
0
イスラエル軍が友好国の米国など国際社会の反対にもかかわらずパレスチナ自治区ガザ地区住民の最後の避難所ラファ一帯を攻撃し、約100人が死亡した。米国などが仲裁する休戦交渉の妥結に暗雲が垂れ込めた。

12日(現地時間) のAFP・ロイター通信によると、イスラエル軍(IDF)は戦闘機・戦車などを動員してこの日未明、ガザ地区最南端の都市ラファを打撃した。その結果、複数の家屋とモスク2カ所が攻撃を受けた。

エジプトと接するラファは国際社会がガザ地区に支援物資を搬入する関門であり、戦争を避けて南部に逃れてきたパレスチナ民間人が集まっている地域だ。ガザ地区の人口の半分を超える140万人がここに避難したと推定される。

 
パレスチナ武装組織ハマスが運営するガザ地区保健省は「今回の空襲で約100人が死亡した」と主張した。タス、スプートニクなどロシア通信社もアラブ圏放送局を引用して死者を約100人と伝えた。タス通信によると負傷者も230人を超えるという。IDFは10日にもラファを空襲し、少なくとも31人の死者が発生した。

IDFは空襲とは別にラファで特殊作戦をし、昨年10月のハマス奇襲攻撃当時に拉致された人質2人を128日ぶりに救出したと明らかにした。

イスラエル軍は「ラファでIDFと情報機関シンベト(ISA)、イスラエル警察の合同作戦でフェルナンド・シモン・マルマンさん(60)とルイ・ハルさん(70)のイスラエル人2人が救出された」とし「2人は健康な状態」と伝えた。2人はその間、ハマスの地下トンネルでなく家庭に抑留されていたという。

IDF報道官のダニエル・ハガリ少将は「軍と(情報機関)シンベトが長く準備してきた作戦」とし「まだ救出されていない134人の人質がいる。救出のためにあらゆる努力をする」と話した。

◆米国・EUなど懸念も強行

この日の攻撃は、前日にバイデン米大統領がイスラエルのネタニヤフ首相との電話で「住民の安全が確実に担保されるまではラファを狙った軍事作戦を進めるべきでない」という立場を再確認した直後にあった。

これに先立ちハマスは米国・イスラエル・エジプト・カタール4カ国会議で議論された休戦案を受けた後、135日間の3段階休戦と人質および保安事犯解放を骨子とした逆提案をした。

しかしネタニヤフ首相がイスラエル軍撤収が含まれたハマスの逆提案を拒否し、ハマス掃討など目標を達成するまで戦争を継続するという立場を明らかにした。特に9日にはネタニヤフ首相が「ハマスを完全に掃討するためにはラファに対する大規模軍事作戦が避けられない」と明らかにし、状況は悪化した。イスラエルはラファにハマスの残党が潜伏しているとみている。

これに対し米国・欧州連合(EU)・カタールなどと国連をはじめとする国際機関は「イスラエル軍がラファを攻撃すれば大規模な民間人犠牲が避けられない」と相次いで懸念を表した。カタール外務省は11日の声明で「イスラエルがラファ地上戦攻撃をすれば、難民の最後の避難所で人道主義的災難が生じる」と指摘した。

バイデン大統領が反対も…イスラエルがラファ空襲「約100人死亡」(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バイデン大統領が反対も…イスラエルがラファ空襲「約100人死亡」(1)

    2024.02.13 08:01
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルの国旗
    TOP