주요 기사 바로가기

すしを食べる囚人番号4421…「李在明を連想させる」論争呼んだドラマ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.12 14:06
0
韓国Netflix(ネットフリックス)の新作ドラマが韓国最大野党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)代表を悪意的に描いているのではないかとして、インターネット上で論争が巻き起こっている。

9日に公開された『殺人者のパラドックス』は偶発的に殺人を犯した大学生イ・タン(チェ・ウシク扮)と彼を追う刑事チャン・ナンガム(ソン・ソック扮)を描いた犯罪スリラーだ。2010年7月~2011年6月に連載されていたウェブトゥーンが原作だ。

ドラマが公開された後、オンラインコミュニティではドラマの登場人物のうち、不正容疑を受けている建設会社会長が李在明氏を連想させるとして騒然となっている。劇中の会長の様子が李氏と酷似しているという指摘は「ボベドリーム」など親野志向のコミュニティだけでなく、李氏に敵対的な「日刊ベスト」などからも出ている。

 
論争の中心に立った人物は金権を手に不正を日常的に行う建設会社代表、ヒョン・ジョングク会長だ。この人物が李代表を連想させるという理由は大きく5つだ。

まず容貌がそっくりだ。白髪をオールバックにしたヘアスタイルと眼鏡をかけたヒョン会長が李代表と瓜二つだという。

ヒョン会長の娘の名前も論争になっている。原作では「ヒョン会長の娘」としか設定されていないが、ドラマでは「ヒョン・ジス」という名前がつけられた。過去、李代表の暴言問題とつながる悪意的な名前がつけられているという批判が出ている。李代表の暴言問題の時、オンラインでは卑俗語フィルタリングを避けるために字の位置を変えて称していた。このため、わざとこのような名前を付けて李代表を侮辱したという疑惑が提起されている。

収監されたヒョン会長が接見室で外部から取った出前を食べる場面も論争を大きくした。この時に登場するメニューがすしだったためだ。すしは李代表のキム・ヘギョン夫人の法人カード流用疑惑に関連し、家に出前を取ったときのメニューだ。面会の時にすしを食べる場面は原作にはない。

ヒョン会長の囚人服の左側に刺繍された囚人番号「4421」も李代表を連想させるという指摘だ。インターネット上では城南市(ソンナムシ)から大庄洞(テジャンドン)マンション敷地6ブロックを供給された第一建設が得た収益金の総額が4421億ウォン(約495億円)であることとこの囚人番号には関連があるのではないかと解釈している。この番号も原作にはない設定だ。

劇中ヒョン会長は殺害の脅迫を受けるようになるが、この時に登場するセリフも俎上に載せられた。加害者はヒョン会長の頸部を凶器で刺して警察と対立しながら「これは頚動脈だ」とすごむが、李代表が襲撃を受けた状況を思い出させる場面だという。この内容は原作に登場する。

李代表支持者の間では悪意のフレーミングにひっかかってはならない立場と、ドラマを拒否しようという立場が交錯している。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    すしを食べる囚人番号4421…「李在明を連想させる」論争呼んだドラマ

    2024.02.12 14:06
    뉴스 메뉴 보기
    韓国Netflix(ネットフリックス)ドラマ『殺人者のパラドックス』の登場人物ヒョン・ジョングク会長。[写真 Netflix キャプチャー]
    TOP